【SUPER GT 最終もてぎ連戦】熊本支援のチャリティーオークション開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
  • 2016スーパーGTもてぎチャリティーオークション
ツインリンクもてぎで開催されているSUPER GT GRAND FINALの12日土曜日、第3戦オートポリス代替戦が行われた。決勝後のホームストレートで前夜祭が開催され、熊本地震への復興支援活動の一環としてチャリティーオークションが開催された。

本来なら5月下旬に開催される予定だった第3戦九州オートポリス戦。地震が起こり、熊本をはじめ多くの地域に甚大な被害が発生しており、今もなお復興に向けて進んでいる最中だ。オートポリスも被害を受けサーキット自体はもちろん、周辺道路の寸断などもあり、SUPER GTをはじめ各レースが中止もしくは延期となった。10月になりオートポリスも復旧、徐々にレースも行われようとしている。

代替戦の第3戦もてぎの決勝後には前夜祭が行われ、その中で熊本復興支援活動として、25チームによる協賛でチャリティーオークションが開催された。

チームシャツやジャケット、ミニカーやグッズなどがオークションにかけられ続々と落札されていった。中にはブレーキローターやギアの一部、さらには#15ドラゴモデューロNSX CONCEPT GTのホイールも落札された。落札金額は全額熊本復興支援に送られる。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

特集