湘南モノレール、23年ぶりダイヤ改正…夜間中心に増発

鉄道 企業動向
湘南モノレールは6月1日にダイヤ改正を実施。平日の夜間などを中心に増発を行う。
  • 湘南モノレールは6月1日にダイヤ改正を実施。平日の夜間などを中心に増発を行う。
  • 湘南モノレールは1970年から1971年にかけて現在の路線が開業。2015年からみちのりホールディングスの傘下に入った。
湘南モノレールは6月1日、ダイヤ改正を実施する。列車の増発などにより、対前年比で5%(50万人)の利用者増加を目指す。

同社の発表によると、ダイヤ改正は1993年4月以来、23年ぶり。平日(月~金曜)ダイヤは21~23時の運転間隔を現在の15分から7.5分に短縮。休日ダイヤ(土・日曜、祝日)も7~9時と19~21時の運転間隔を現在の15分から7.5分に短縮する。これにより、平日ダイヤの運転本数は現在より17本多い283本に。休日ダイヤも36本多い266本になる。

湘南モノレールは、大船(神奈川県鎌倉市)~湘南江の島(藤沢市)間6.6kmの懸垂式モノレール(江の島線)を運営する鉄道会社。1966年、三菱重工業・三菱電機・三菱商事などの出資により設立され、1970年から1971年にかけて現在の路線が開業した。

2015年6月には、交通事業の経営再建支援会社「みちのりホールディングス」が湘南モノレール株の9割以上を取得し、同社の傘下に入った。湘南モノレールは「(経営体制の変更後)労使一丸となり各種課題に取り組んでおりますが、その成果の一つが、本運転間隔短縮です」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集