ジャガー Fタイプ 改良新型に“超高性能”4気筒ディーゼル!?

自動車 ニューモデル 新型車
ジャガー Fタイプ スクープ写真
  • ジャガー Fタイプ スクープ写真
  • ジャガー Fタイプ スクープ写真
  • ジャガー Fタイプ スクープ写真
  • ジャガー Fタイプ スクープ写真
  • ジャガー Fタイプ スクープ写真
  • ジャガー Fタイプ スクープ写真
  • ジャガー Fタイプ スクープ写真
ジャガーの2ドア・スポーツクーペ、『Fタイプ』の改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

フロント&リアバンパーを始め、ラジエーターグリル、フルLEDヘッドライトが刷新され、エキゾーストパイプはセンター2本出しになっているのが分かる。

パワートレインはキャリーオーバーされる3リットルV型6気筒エンジンの他、新たに2リットル4気筒ターボディーゼルエンジン、「インジニウム」搭載モデルが追加される可能性が高い事が分かった。

4気筒の「インジニウム」はジャガー史上、最も効率性に優れたディーゼルエンジンであり、現在弟分の『XE』にも搭載されている。パワーと環境性能を両立するジャガーの目玉エンジンだ。

ワールドプレミは2017年3月のジュネーブモーターショーが有力だ。
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集