【IIHS衝突安全】VWの4車種、トップセーフティピック+に指定

自動車 ニューモデル 新型車
フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の2016年モデル
  • フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の2016年モデル
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(北米仕様)
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは12月10日、米国IIHS(道路安全保険協会)の2016年の安全性評価において、4車種が最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定されたと発表した。

この4車種とは、『ゴルフ』、『ゴルフGTI』、『ジェッタ』、『パサート』。

IIHSの「トップセーフティピック」の指定を受けるには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、3段階で一番下の「ベーシック」を獲得することも条件になる。

さらに上の「トップセーフティピック+」と認定されるには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価において3段階で2番目の「アドバンスド」、最高評価の「スーペリア」のいずれかが必要となる。

今回、フォルクスワーゲンの4車種が、IIHSから最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定された。この評価は、前面衝突警告や自動ブレーキの装着車が対象となる。

フォルクスワーゲンオブアメリカのマーク・マクナブCOOは、「IIHSのトップセーフティピック+受賞は、フォルクスワーゲンの安全性や先進技術開発に対する長期に渡るコミットメントの現れ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集