理想の実燃費は「20~25km/リットル」…ソニー損保調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット
トヨタ プリウス(参考画像)
  • トヨタ プリウス(参考画像)
  • 1か月あたりの維持費
  • クルマの諸経費で負担に感じるもの
  • 主に運転しているクルマのボディタイプ
  • クルマに付けたいと想う安全運転支援システム
ソニー損保は、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女を対象に、全国カーライフ実態調査を実施。その結果を発表した。

調査は9月12日から18日の7日間、インターネットリサーチで実施し、1000名の有効回答を得た。

車の維持費については、「5000円~1万円未満」(29.1%)と「1万円~1万5000円未満」(26.2%)を中心に回答が集まり、平均額は1万4300円となった。その中で負担に感じるものを複数回答で聞いたところ、最多は「車検・点検費」が70.8%、「自動車税・軽自動車税」(61.6%)、「ガソリン代・燃料代」(56.8%)が続いた。

半数以上が負担と感じる「ガソリン代・燃料代」に関連して、車の理想の燃費について聞いたところ、「20km~25km/L未満」が22.4%で最も多く、平均値は26.4km/Lとなった。同様に、所有している車の実燃費については、「10km~15km/l未満」が33.8%で最も多く、平均値は15.0km/Lとなった。

主に運転している車のボディタイプびついては、「軽自動車」が最も多く42.5%、以下、「コンパクトカー」(16.6%)、「ミニバン」(15.6%)、「ステーションワゴン」(8.4%)、「セダン」(7.8%)と続いた。

また運転支援システムについて、車に付けたいと思うものを複数回答で聞いたところ、「衝突回避・軽減ブレーキ」(61.8%)と「歩行者検知システム」(60.1%)が6割台と、人気を集めた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集