ハイトップの履き心地とロートップの性能を両立したナイキ新ダンク

エンターテインメント 話題
ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
  • ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」
ナイキは、バスケットボールシューズ「ハイパーダンク 2015」を7月1日に発売すると発表した。

ハイパーダンク 2015は、高めの履き口や素材を減らして軽量化されたアッパーなど、ブランド最高のパフォーマンステクノロジーと最先端のシルエットが採用されている新しいハイパーダンクだ。ハイトップのような履き心地でありながら、ロートップのような性能を持ち、軽量で反発性に優れている。

新しいアッパーの特徴は柔軟性と高いサポート性だ。軽量で耐久性とサポート性に優れた、縫い目のない1枚仕立てのアッパーとなっている。足入れ口のフォームは、足をシューズに固定し、ハイカットのサポート性とローカットのような履き心地を提供する。シューズ内側は、伸縮して足にぴったりと合った快適なフィット感を実現するブーティー構造を採用。成型チャネルの採用で、足の自然な動きに応じて、フライワイヤーケーブルが緩んだり締まったりする。

また今回初めて、現代的なミッドソール構造の一部として、ズームエアを搭載。かかとと前足部分に搭載されたズームエアユニットは、薄く反発性に富んだクッショニングでコートの感触をしっかりと伝える。ミッドソールのフォームはかかとを包み込み、ヒールカウンターとして機能して安定性を向上させる。

アウトソールは、インドア、アウトドアに関わらず、様々な仕様のコートに対応できる構造。改良されたヘリンボンパターンは、粘着性とグリップ力を強化し、様々な仕様のコートで耐久性とトラクションを発揮する。アウトソールのデザインは、シューズの側壁を包み込み、中足部の安定性とサポート性を向上させる。

7月1日~9月30日の期間は 5つのカラーを販売。6月30日からNIKEiDでカスタマイズし、オリジナルのシューズを作ることができる。

■ナイキ ハイパーダンク 2015(各税込み)
●ナイキ ハイパーダンク 2015 EP
サイズ 25~32cm、5カラー展開、1万7280円

●ナイキ ウィメンズ ハイパーダンク 2015 TB
サイズ 22-26cm、2カラー展開、1万7280円

●ナイキ ハイパーダンク2015 GS
サイズ 22.5-25cm、4カラー展開、1万3500円

ナイキ、ハイトップの履き心地でロートップの性能「ハイパーダンク 2015」

《美坂柚木@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

  • インテル・ミラノのチームウェアに、ブラック&ブルーのストライプが復活 画像 インテル・ミラノのチームウェアに、ブラック&ブルーのストライプが復活
  • ナイキから、パリ・サンジェルマンの来季ユニフォーム…チームの誇りを表現 画像 ナイキから、パリ・サンジェルマンの来季ユニフォーム…チームの誇りを表現
  • ストレスフリーのフィット感、究極の通気性を実現したナイキ夏の新作 画像 ストレスフリーのフィット感、究極の通気性を実現したナイキ夏の新作
  • ナイキのエリートプレイヤー育成アカデミーに、日本人が初選出 画像 ナイキのエリートプレイヤー育成アカデミーに、日本人が初選出