すみだ水族館に純国産海洋探査機「江戸っ子1号」を特別展示…3月21~29日

船舶 エンタメ・イベント
「深海の世界と海の仕事を学ぼう!深海探査機『江戸っ子1号』特別展示inすみだ水族館」
  • 「深海の世界と海の仕事を学ぼう!深海探査機『江戸っ子1号』特別展示inすみだ水族館」
国土交通省海事局は、「江戸っ子1号プロジェクト」が海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣表彰)を昨年受賞したのを記念して、「深海の世界と海の仕事を学ぼう!深海探査機『江戸っ子1号』特別展示inすみだ水族館」を開催する。

「江戸っ子1号プロジェクト」は、下町の中小企業が多数の機関の協力を得て、純国産海洋探査機「江戸っ子1号」を開発し、2013年11月に世界初となる水深約8000m海域での深海3Dハイビジョン撮影に成功した。

イベントは、主に小・中学生を対象に、深海の魅力や海の仕事について楽しく学びながら、海や船を身近に感じてもらうために企画した参加型・体験型イベント。

水深約8000mの海域で江戸っ子1号が撮影した3D映像を上映するほか、江戸っ子1号の製作に実際に使用された「真空成型」技術の実演、「海と船のクイズラリー」、「海と船のキッズ教室」など親子で楽しめる内容で実施する。

期間は3月21日~29日まで、すみだ水族館で実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集