【ホンダ N-BOXスラッシュ 発表】峯川専務「完全な提案型のクルマ」

自動車 ニューモデル 新型車
N-BOXスラッシュ 発表会に出席した、ホンダの峯川尚専務執行役員(右)
  • N-BOXスラッシュ 発表会に出席した、ホンダの峯川尚専務執行役員(右)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
ホンダは12月22日に、軽自動車の新モデル『N-BOXスラッシュ』を発売した。都内の発表会で会見した峯川尚専務執行役員は「Nシリーズの第5弾であり、ホンダの軽ワールドを更に広げて行きたい」とアピールした。

月間2500台の販売を計画している。ホンダは2011年11月にNシリーズの第1号として『N-BOX』を投入、軽自動車のテコ入れを本格化した。峯川専務によるとNシリーズの累計販売は「来年早々に累計100万台になる見込み」であり、「短期間で多くの支持をいただいている」と評価した。

今回のN-BOXスラッシュはN-BOXからの派生となるが、個性的な内外装で、従来の軽自動車にはない価値も示している。峯川専務は「われわれからの完全なプロダクトアウトであり、こういうクルマはいかがですかと提案させていただいた」と話した。2500台という月間計画は「とりあえずの目標」とし、ホンダとしても、市場からの反響は未知数との見方を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集