【ホンダ グレイス 発表】アコード 並みの足元空間、ベンチマークめざす5ナンバーHVセダン[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
  • ホンダ グレイス HYBRID LX
ホンダは12月1日、新型ハイブリッドセダン『グレイス』を発売した。同車はコンパクトカーの新たなベンチマークを目指して開発が行われたという。

グレイスは「コンパクトセダンの革新」をコンセプトに、5ナンバーサイズのボディながら広い室内空間とコンパクトカーならではの燃費性能を両立しており、燃費はハイブリッドセダンではクラストップの34.4km/リットル(JC08モード)を達成。さらに5ナンバーのハイブリッドセダンとしては初めて4WD車もラインナップしている。

エクステリアは、コンパクトながらもボンネット長とホイールベースを長くとることで車格感をもたせている。ホンダの”顔”ともいうべき「ソリッド・ウイング・フェイス」は、プラチナメッキ仕上げのグリルと4灯式のLEDヘッドライト(HYBRID LX、HYBRID EXに設定)で構成されており、先進性とワイド感を表現している。

インテリアは、細部に渡るまで上質感を感じさせる作り込みが行われ、包み込むような心地よさを感じさせるインストルメントパネルデザインや、上級セダン同等の作りをもつリアシートを採用、ソファのような座り心地を実現した。またロングホイールベースに加え後席の位置をできるだけ後方に配置することで、上級車種である『アコード ハイブリッド』にも匹敵する足元スペースを実現している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集