【WEC 第4戦】トヨタレーシング、中嶋一貴に代わりマイク・コンウェイが出走

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
トヨタTS040 HYBRID(8号車はルマン決勝3位)。写真:TOYOTA
  • トヨタTS040 HYBRID(8号車はルマン決勝3位)。写真:TOYOTA
トヨタ・レーシングは、9月20日に米国テキサス州オースティンで開催される、FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースで、同チームのテスト兼リザーブドライバーのマイク・コンウェイがレースドライバーとして初参戦すると発表した。

イギリス人のコンウェイは、WEC第4戦の前週、日本でスーパーフォーミュラ第5戦に出場する中嶋一貴の代役として、TS040 ハイブリッド #7をドライブする。コンウェイは、シリーズ参戦している米国インディカー・シリーズで今季2勝を挙げている。

コンウェイは既に、冬季テストでTS040 ハイブリッドでの走行経験を積んでおり、また、昨年のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースにはLMP2クラスのドライバーとして出場。クラス優勝、総合5位に入っている。

オースティンでコンウェイは、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザンとともにTS040 ハイブリッド #7をドライブ。中嶋一貴はWEC第5戦として10月12日に富士スピードウェイで行われる「富士6時間耐久レース」でTS040 ハイブリッド #7のドライバーとして復帰する。

全8戦のWECシリーズ第4戦に、トヨタ・レーシングはマニュファクチャラーズ部門首位、ドライバーズ部門でもアンソニー・デビッドソン、ニコラス・ラピエールとセバスチャン・ブエミの3名がポイントリーダーとして臨む。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集