【宇宙博2014】開会式に爆笑問題が登場…太田「田中の取った○○も展示されている」

宇宙 エンタメ・イベント
開会式には宇宙飛行士・古川聡氏の姿も
  • 開会式には宇宙飛行士・古川聡氏の姿も
  • きぼうから登場の爆笑問題
  • サターンVロケット
  • タイタン1ロケットのエンジン
  • ジュピターロケットから回収されたノーズ・コーン
  • NASA歴代ロケット
  • 火星探査車キュリオシティ
  • 爆笑問題も興奮
千葉・幕張メッセで7月19日から9月23日まで、「SPACE EXPO 宇宙博 2014 NASA・JAXAの挑戦」が開催される。開催前日の18日、プレス内覧会や開会式が行なわれ、公式サポーターの爆笑問題の太田光と田中裕二が登場した。

「これだけの規模だと、もうハリーポッターなんか目じゃないね」(太田)、「いいんだよ! いちいちUSJと比較しなくても!」(田中)

開会式でふたりがこうかけ合うように、7月19日から始まる宇宙博2014は、アメリカ航空宇宙局(NASA)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)がタッグを組んだ国大最大級の宇宙イベント。

幕張メッセの会場は、NASA、JAXA、FUTURE(未来)、MARS(火星)の4つのエリアに分かれている。JAXAエリア「きぼう」実物大モデルの前で行なわれたカコミ取材では、ふたりがこんな話をしていた。

「これ、あの若田さんが映像に映っていた場所でしょ。このなかで宇宙コントやってみたいね。ドリフがやってたみたいに」(太田)、「僕は猫といっしょにこのきぼうの中から地球を見てみたいな。『ほら、あれが地球だよ』なんて猫に話しかけながら」(田中)、「確かに地球を見てみたいな。本当に青いかどうかもね」(太田)

また、国立極地研究所のブースに実物の火星・月の隕石が展示されていることをあげ、太田が「田中の取ったタマも展示されている」と冗談を飛ばすと、「そんなわけないだろ!」とツッコミ。記者陣を笑わせた。

開会式には千葉県知事の森田健作氏も登壇。「実は高校の時、UFO研究会に入っていて、あのころ『どこかにUFOがいないかな』と探してましたが、とうとう見つからなかった。この宇宙博で、かつての“宇宙熱”がよみがえりそう。子どもたちにも夢を与えてくれるイベントになるはず」と高校時代の部活動をカミングアウトしながら同イベントの成功を願った。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集