スマート フォーツー 新型を発表…全長50mm短縮、取り回し性向上

自動車 ニューモデル 新型車
新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
  • 新型 スマート フォーツー
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツ傘下のスマートは7月16日、新型『フォーツー』をドイツ・ベルリンで発表した。

新型スマート フォーツーは、ダイムラーとルノーの提携の成果を生かして開発。車台は2014年3月、ジュネーブモーターショー14でワールドプレミアされた新型ルノー『トゥインゴ』と共用する。駆動方式は、歴代フォーツーのRRレイアウトを継承。

新型のボディサイズは、全長2690×全幅1660×全高1550mm、ホイールベース1873mm。現行フォーツー(全長2740×全幅1560×全高1540mm、ホイールベース1865mm)と比較すると、全長が50mm短くなり、全幅が100mm拡大したのが目を引く。

全長の短縮に加えて、ショートオーバーハング化やステアリング切れ角を大きく取るなどして、取り回し性を追求。新型の最小回転半径は3.65m。現行型の4.37mから、さらに取り回し性を引き上げた。

リアに置かれるエンジンは、新型トゥインゴと共通で、2種類の直列3気筒ガソリンエンジンを設定。自然吸気版は、排気量999ccで、最大出力71hp、最大トルク9.3kgmを発生する。ターボ版はさらに排気量が小さい898ccで、最大出力90hp、最大トルク13.8kgmを引き出す。トランスミッションは、6速デュアルクラッチを新開発。

新型フォーツーは欧州市場において、2014年11月に発売される予定。現地ベース価格は、1万1000ユーロ(約150万円)以下を計画している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集