ボーイング 777X、エミレーツ航空から150機を確定受注

航空 企業動向
エミレーツ航空、777Xを150機確定発注
  • エミレーツ航空、777Xを150機確定発注
ボーイングは、U.A.E.(アラブ首長国連邦)のエミレーツ航空から777Xを150機確定受注したと発表した。受注総額560億ドルとなる。

エミレーツ航空は2013年のドバイ航空ショーで777ファミリーの購入を表明していた。

今回確定受注した777Xの内訳は、777-9Xが115機、777-8Xが35機。これに加えて50機を追加購入する権利を持つ。全て行使した分を含めた受注総額は750億ドルとなる。

エミレーツ航空の今回の発注を含めた777ファミリーの受注残は208機となった。

777Xは、最新技術を採用し、エンジンは、民間航空起用エンジンとして先進的なGEアビエーションの「GE9X」を搭載する。効率的な運航が可能で、コンポジット製ウイングの採用などによる軽量化もあって777よりも航続距離が長い。

777-8X、777-9Xともに、顧客やマーケットのし好に合わせたデザインを採用する。

同じサイズの競合機と比較して777-9Xは12%、787-8Xが5%それぞれ燃費効率が高いとしている。

777Xは現在、設計段階で製造準備は2017年からの予定。最初のデリバリーは2020年を目標としている。777Xは6の航空会社が合計で300機以上購入を表明している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ボーイング、トルコ航空から 737MAX-8 を15機追加受注 画像 ボーイング、トルコ航空から 737MAX-8 を15機追加受注
  • エミレーツ、エアバス A350 XWBを大量キャンセル 画像 エミレーツ、エアバス A350 XWBを大量キャンセル

特集