三菱ふそう、新開発の左ハンドル仕様車をインドで生産開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
DICVオラガダム工場で生産開始した左ハンドル車
  • DICVオラガダム工場で生産開始した左ハンドル車
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)とダイムラー・インディア・コマーシャルビークルズ社(DICV社)は7月8日、アフリカ・中東・ラテンアメリカ向けに新規開発した、新型FUSOトラックの左ハンドル仕様車のインドでの生産を開始したことを発表した。

大型トラック『FJ』の左ハンドル仕様車の初号車は、DICV社のインド・オラガダム工場にて組立が行われた。同車は、ナイジェリア・エチオピア・エジプト等に投入される予定で、今後アフリカの他の市場や、ラテンアメリカ、中東市場への投入を計画。これらの新型車の開発により、アジア以外での新型FUSOトラックの商品ポートフォリオを強化するとともに、輸出戦略を強化していく。

MFTBCは輸出戦略の第一弾として、FUSOトラックを既にケニア、スリランカ、ザンビア、タンザニア、ジンバブエ、バングラデシュ、ブルネイに輸出しており、同社最大の輸出国であるインドネシアにも投入を予定している。さらに新型FUSOトラックの左ハンドル仕様車を今後、幅広い市場に投入し、新興国におけるプレゼンス強化を図る。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集