JAXA、H-IIA相乗りと「きぼう」放出による超小型衛星打上げサービスを有償で提供へ

宇宙 企業動向
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、有償での超小型衛星打上げ機会を試行的に提供する。

JAXAはこれまで、H-IIA相乗りと、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」放出によって超小型衛星の打上げ機会を提供してきた。

今回、超小型衛星による、新しいビジネスの創出、宇宙利用の抜本的拡大に向けた様々な取組みの一環として、従来の無償での機会提供に加えて、有償により打上げ機会を提供する仕組みを試行的に開始する。

宇宙産業化を見据えて国内需要を顕在化させることが目的。有償での打上げに関する業務は、JAXAからの委託によって日本宇宙フォーラム(JSF)が支援する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAXA、産業連携センターと新事業促進室を統合 画像 JAXA、産業連携センターと新事業促進室を統合
  • JAXA、新型基幹ロケットを開発する民間事業者、三菱重工業に決定 画像 JAXA、新型基幹ロケットを開発する民間事業者、三菱重工業に決定
  • 香川大学、超小型衛星「STARS-II」を使って宇宙ごみを除去する技術開発に着手 画像 香川大学、超小型衛星「STARS-II」を使って宇宙ごみを除去する技術開発に着手

特集