【日産 エクストレイル 新型発表】安心感のあるコーナリングを実現するコーナリングスタビリティアシスト

自動車 ニューモデル 新型車
日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
新型日産『エクストレイル』のシャシー制御は、乗り心地や運転のしやすさ、安心感の大幅向上をテーマとして開発されている。

このシャシー制御技術は、アクティブライドコントロール、アクティブエンジンブレーキ、コーナリングスタビリティアシストと、大きく3つのシステムからなっており、いずれも、ドライバーが気付かない自然な介入により、最終的にはドライバーの疲労軽減に結び付いている。

コーナリングスタビリティアシスト(アクティブトレースコントロール)について、日産車両要素技術開発本部シャシー技術開発部走行制御システム開発グループの美内庸介さんは、「コーナーで働く機能だが、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)はスピンやスリップしたときに介入する機能で、事故防止、安全機能であるのに対し、コーナリングスタビリティアシストはより日常的に働く機能だ」と位置づける。

具体的なシーンとしては、「ワインディングロードで少し積極的に走らせる際や、曲率が狭いカーブなどのシーンにおいて、4輪のブレーキをうまくコントロールすることで、ドライバーが狙ったトレースラインを走れるようにサポートするシステムだ」と説明。

美内さんは、「アクセルを踏み加速をさせながらコーナーに侵入すると、ブレーキ制御が働くので、外に膨らまずに姿勢もよく曲がるということが体感できるだろう」という。「特に加速しながら曲がるときは内側のブレーキを掛けて曲がりやすくしている」と述べる。

美内さんは3つのシャシー制御のうち、コーナリングスタビリティアシスト()がイチオシだとし、「山道などを走っても自分の運転がうまくなったように感じられる。かといってそれが作動した際も、邪魔をしている感じがしないという、バランスが非常に良く取れていると思う」と評価。「コーナーのトレース性が上がることで、(運転の)ストレスが減ったり、安心感がさらに向上したのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【日産 エクストレイル 新型発表】新設計思想「CMF」の第1弾 画像 【日産 エクストレイル 新型発表】新設計思想「CMF」の第1弾
  • 【日産 エクストレイル 新型発表】1年後にHV設定、クリーンDEは現行モデル継続 画像 【日産 エクストレイル 新型発表】1年後にHV設定、クリーンDEは現行モデル継続
  • 【日産 エクストレイル 新型発表】緊急ブレーキなど安全装備を大幅拡充 画像 【日産 エクストレイル 新型発表】緊急ブレーキなど安全装備を大幅拡充
  • 【日産 エクストレイル 新型発表】オリジナリティ維持し、エコと上質感プラス 画像 【日産 エクストレイル 新型発表】オリジナリティ維持し、エコと上質感プラス

特集