【WEC 第7戦】トヨタ、レース終盤のアクシデントが響き2位フィニッシュ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

WEC第7戦 上海6時間レース
  • WEC第7戦 上海6時間レース
  • WEC第7戦 上海6時間レース
  • WEC第7戦 上海6時間レース
  • WEC第7戦 上海6時間レース
FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦 上海6時間レースが11月9日、中国の上海国際サーキットで開催され、LMP1クラスのトヨタ・レーシング『TS030ハイブリッド』はアウディと首位を争いながらも、わずかに及ばず2位に終わった。

アレックス・ブルツとニコラス・ラピエールのドライブするTS030ハイブリッド #7はポールポジションからスタートを切り、順調に首位争いを展開していたが、残り2時間程のところでタイヤのパンクに見舞われた。アクシデントによるタイムロスを取り戻すべく追い上げた#7だったが、2位でチェッカーを受けた。

アンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミ、ステファン・サラザンが駆ったTS030ハイブリッド #8は、ライバルに大差をつけて首位を快走していたが、チェッカーまであと1時間半となった時にサスペンションにダメージを受け、戦線離脱を余儀なくされた。

なお、第6戦で勝利したアウディ #1のトム・クリステンセン、アラン・マクニッシュ、ロイック・デュバルが、最終戦を待たずして、2013年WEC・LMP1クラスのドライバーズタイトルを確定させた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集