横浜ゴム、バン・小型トラック向けの氷上重視型スタッドレスタイヤを発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
横浜ゴム・アイスガード iG30V
  • 横浜ゴム・アイスガード iG30V
横浜ゴムは、バン・小型トラック用氷上重視型スタッドレスタイヤ「アイスガード iG30V」を8月1日から発売する。

新製品は、バン・小型トラック用スタッドレスタイヤとして初めて乗用車用スタッドレスタイヤブランド「アイスガード」の名を冠した商品で、氷上性能に定評のあった「アイスガード トリプルプラス」のトレッドパターン技術やサイプ技術「トリプルピラミッドサイプ」を採用した。

さらに、従来品「プロフォース・スタッドレス・SY01V」の低温時でもしっかりと路面に密着する「ブラックゴム」、装着初期の氷上性能を向上する「細密マイクログルーブ」を継続採用。これにより、従来品「SY01V」に比べ、氷上制動を約13%高めている。

今後は氷上性能を重視するユーザー向けの「アイスガード iG30V」、耐摩耗性能を重視するユーザー向けの「プロフォース・スタッドレス SY01V」の2商品を販売し、バン・小型トラックユーザーの幅広いニーズに応えていく。

発売サイズは145R12 6PRと165R13 6PRの2サイズ。価格はオープンプライス。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集