デトロイトモーターショー主催者、声明発表…「デトロイト市の財政破綻の影響なし」

自動車 ビジネス 企業動向
デトロイトモーターショー会場外観
  • デトロイトモーターショー会場外観
7月18日、米国の自動車産業の発祥の地として知られるミシガン州デトロイト市が財政破綻。これについて、同市で毎年開催されるデトロイトモーターショーの主催者がコメントしている。

これは7月19日、デトロイトモーターショーの正式名称であるノース・アメリカン・インターナショナル・オート・ショー(NAIAS)のロッド・アルバート代表が、公式サイトを通じて、声明という形で発表したもの。

同代表は、「デトロイト市の財政破綻は予想されていたもの。デトロイト市の財政破綻は、NAIASに何ら影響はないだろう」との見通しを伝えている。

7月18日、デトロイト市はミシガン州東部地区の破産裁判所に、連邦破産法9条の適用を申請。ミシガン市では、かつて隆盛を極めた自動車産業が衰退し自動車メーカーが工場の閉鎖や移転を進めたこともあり、人口の流出が加速した。結果、税収が減り続け、財政状態が悪化していた。デトロイト市の負債総額は、180億ドル(約1兆8000億円)以上。米国の自治体の財政破綻としては、過去最大規模。

NAIASのロッド・アルバート代表は、「我々はデトロイト市の今回の決断を歓迎したい。なぜなら、デトロイトの復活に向けて、新たな出発が切れるからだ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集