トミカ、プラレールが実写映画化 豪華3本立て!10月4日公開決定 「爆走トミカイザー」など

鉄道 エンタメ・イベント
マジカルパスポート
  • マジカルパスポート
  • 『トミカ・プラレール映画まつり』
タカラトミーの人気玩具トミカとプラレールが実写映画になった。10月4日より「豪華3本立て!トミカ・プラレール映画まつり」が全国ロードショーとなる。『爆走トミカイザー スーパートミカイザーVSスーパーレールカイザー』や『トミカハイパーチーム 炎の共同作戦』など豪華3本立てだ。
人気の玩具がまさかの実写映画、劇場進出と話題を呼びそうだ。タカラトミーの玩具ブランド戦略としても注目される。

今回の企画でユニークなのは、タカラトミーの定番ブランドで、実在する玩具が主人公の映画制作となったことだ。毎年開催されているトミカ博やプラレール博と共に盛り上げるとしており、グループ全体でヒットを目指すことになる。
タカラトミー社長の富山幹太郎さんは「40年、50年を超える歳月の中で多くの方々に愛され続けてきた『トミカ』、『プラレール』が初めて映画になることをとても光栄に思います」とコメントしする。

トミカは1970年に日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーとして発売された。現在までに累計850種以上の車種が発売、累計販売台数は5億7400万台を超えている。
3世代にわたり愛されるブランドに成長しており、最近ではトミカブランドとしてアパレル、文具雑貨などおよそ1000アイテムが発売されている。

一方のプラレールは1959年にプラレールの原型である「プラスチック汽車・レールセット」が発売されてから半世紀以上の歴史がある。
青いレールを自由につなげて線路をレイアウトするスタイルで、子どもたちが社会を学び、創造力を育む玩具として愛されてきている。これまで累計約1100種類、1億4500万個以上の販売実績になっている。

作品は『爆走トミカイザー スーパートミカイザーVSスーパーレールカイザー』や『トミカハイパーチーム 炎の共同作戦』のほか、バラエティコーナーとして『大迫力!実車のおもしろ対決』、『家中にプラレールを走らせよう』、『ようこそ!トミカ・プラレールタウン』などが含まれる。果たしてどのような映画になるのか、公開まで楽しみに待ちたい。入場者特典としてトミカ・プラレールタウンに行けるマジカルパスポートがもらえるのも気になるところだ。
[真狩祐志]

『豪華3本立て!トミカ・プラレール映画まつり』
2013年10月4日(金)全国ロードショー
http://tomica-plarail.com/
《真狩祐志》

編集部おすすめのニュース

特集