三菱自動車、ロシア工場で パジェロスポーツ 生産開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
三菱・パジェロスポーツ
  • 三菱・パジェロスポーツ
  • 三菱・パジェロスポーツ
三菱自動車は、PSAプジョー・シトロエンとのロシア合弁車両組立工場であるPCMA Rusにおいて、中型SUV『パジェロスポーツ』の生産を開始したと発表した。

三菱自動車は、安定的にSUV需要が伸びていくことが期待されるロシア市場において、2010年4月にPCMA RusでのSKD(セミノックダウン)生産を開始、2012年11月には新型SUV『アウトランダー』の本格生産を開始している。

今回新たに現地生産車種として追加された『パジェロスポーツ』は、2008年に輸入完成車としてロシア市場に投入。オフローダーとしての走破性や堅牢ボディなどに加え、乗用車としての乗り心地などが高く評価され、ロシアでの累計販売台数はすでに2万4000台(5月末時点)に上っている。

ロシアのユーザーに受け入れられるSUVとして、今後は現地生産に切り替え、さらなる商品強化を図る。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集