【NV350キャラバン vs ハイエース】10尺対応で差をつける…荷室編

自動車 ニューモデル 新型車
日産・NV350キャラバン バン DX ハイルーフ
  • 日産・NV350キャラバン バン DX ハイルーフ
  • 日産・NV350キャラバン バン プレミアムGX
  • 日産・NV350キャラバン バン プレミアムGX
  • 日産・NV350キャラバン
  • 日産・NV350キャラバン
  • 日産・NV350キャラバン
  • 日産・NV350キャラバン バン プレミアムGX 5人乗り 低床 荷室スペース
  • トヨタ ハイエース (ワゴン GL 2WD 2700ガソリン)
15日に日産から発売された『NV350キャラバン』。11年ぶりのフルモデルチェンジとなる同車には、商用車マーケットで大きなシェアを握っているトヨタ『ハイエース』に対する徹底した対抗意識がうかがえる。

商用車として最も重要となる点の1つに荷室のサイズがある。現行ハイエース(定員5名/ロングボディ/標準幅/標準ルーフ/低床仕様車、以下同じ)の場合、荷室長は最大で3000mmであるのに対し、NV350キャラバン(定員5名/ロングボディ/標準幅/標準ルーフ/低床仕様車、以下同じ)の場合、3050mmとハイエースを上回る。

荷室長を尺貫法にすると、ハイエースが約9.9尺、NV350キャラバンは約10.1尺となる。脚立や建築資材などは尺貫法で表記することも多く、10尺長のものを平置きで運搬できるのは、商用車にとって大きなメリットとなるだろう。さらにキャラバンは一部グレードに5:5分割可倒式シートを採用しており、長尺物を積載しても後部座席に乗員を乗せることができ、ホイールハウスの張り出しも小さくスクエアな荷室が実現されている。

さらに荷室高についても、ハイエースが1855mmであるのに対しNV350キャラバン1860mmと、わずかではあるが、ハイエースを上回る。荷室幅についてはどちらも1520mmと変わらない。
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集