【バンコクモーターショー12】いすゞ、ピックアップトラックで価格相応の価値を提供

自動車 ビジネス 企業動向
いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
  • いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
  • いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
  • いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
  • いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
  • いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
  • いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
  • いすゞのプレスカンファレンス(バンコクモーターショー12)
バンコクモーターショー12で、いすゞはピックアップトラック『D-MAX』を軸に出展した。

ピックアップトラック市場が乗用車市場に肩を並べる規模となっているタイでは、いすゞの存在感が大きい。バンコクモーターショー12でも、いすゞは主力のD-MAXをベースにした多彩なアレンジ車両を披露した。

タイでの販売を手がけるTRI PETCH ISUZU SALESの近藤恭哉副社長は「ベストバリユー・フォー・マネーということを心がけています。お金をかけて買っていただいた分、高い品質の製品、丁寧なアフターサービスなどを提供するということです」といすゞのタイにおける販売コンセプトを述べた。

「タイでは特に地方で、ピックアップトラックの需要があります。2012年の1、2月、ピックアップトラック市場は好調に推移しました。2012年は良いペースで伸びるのではないでしょうか」と話した。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集