スバル ステラ 新型発表…ダイハツからOEM、燃費27km/リットル

自動車 ニューモデル 新型車
スバル新型ステラは、ダイハツムーヴのOEM車。燃費は27km/リットルとガソリン車でトップクラス
  • スバル新型ステラは、ダイハツムーヴのOEM車。燃費は27km/リットルとガソリン車でトップクラス
  • スバル ステラ 新型
  • スバル ステラ 新型
  • スバル ステラ 新型
  • スバル ステラ 新型
  • スバル ステラ 新型
  • スバル ステラ 新型
  • スバル ステラ 新型
富士重工業は24日、軽乗用車のスバル『ステラ』をフルモデルチェンジし同日より販売を開始した。新型ステラは、ダイハツからのOEM(相手先ブランドによる生産)供給車で、ダイハツ『ムーブ』がベース。

新型ステラのコンセプトは「スマート・アクティブ・スモール」。広い室内空間と優れた燃費性能を特長とする。アイドリングストップ機能を採用し、ハイブリッドを除くガソリン車でトップクラスの燃費27km/リットル(10・15モード)を実現した。

コンパクトなボディに、室内長2075mm×室内幅1350mm×室内高1280mmのゆとりある空間を実現。後席は前後240mmのスライドが可能で、荷室からも操作できるようにした。バックドアは横開き式で、荷物の出し入れ時の利便性を向上させている。

また、スポーティな装備を充実させた「ステラカスタム」も設定する。丸形4灯式ヘッドライトやエアロバンパーにより専用のフロントマスクを採用、リアスポイラーや6本スポークの15インチアルミホイールも設定し、精悍なイメージを演出した。インテリアは、アイボリーが基調のステラに対し、ブラックを基調とすることで上質かつスポーティな空間に仕上げた。

価格はステラが113万3000円から、ステラカスタムが131万5000円から。

富士重工業は軽自動車の開発・生産から撤退する。新型ステラの発売により、同社が持つ軽自動車ラインナップは軽商用車の『サンバー』を除き、全てがダイハツからのOEM車に切り替えられた。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集