【GARMIN nuvi1460/1360】写真蔵…コストパフォーマンスが魅力のBluetooth対応PND

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ハイウェイモード。ルートシミュレーションは早送りにも対応している。シミュレーション上では500km/hを超えるスピードを出すことも可能
  • ハイウェイモード。ルートシミュレーションは早送りにも対応している。シミュレーション上では500km/hを超えるスピードを出すことも可能
  • GARMINのPNDおなじみのメニュー画面。とにかくシンプル
  • 現在地の天気予報や世界の天気予報も表示される
  • 疑似3Dの地図は非常に見やすく、案内時の表示も的確だ
  • ノースアップ/トラック(ヘディング)アップ表示も可能
  • 総走行距離や現在値の高度、最高速度などの記録も表示可能
  • 愛車の燃費やガソリン価格の統計を記録したり、エコドライビングの評価が可能なecoRoute機能も備わる
  • 空港別フライト情報の変更も可能。
GARMINから新型PND、『nuvi1460』および『nuvi1360』が登場した。両モデルは、09年末に登場した『nuvi1480』のベーシックモデルという位置づけだ。nuvi1460/1360はナビ機能に特化し、GARMIN PNDの特徴でもあるBluetoothは両モデルにも搭載。対応ケータイを通じてハンズフリー通話やナビ単体でのGoogle Maps検索、Paonoramio連携などを実現している。

1460/1360両モデルの違いはディスプレイサイズ。1460は5インチ、1360は4.3インチとなる。違いはディスプレイサイズのみで、4GBの内蔵メモリやゼンリン製の地図データ、諸機能などは同一だ。価格面ではnuvi1360が2万円台前半、nuvi1460でも2万円台後半という非常に戦略的なプライスとなっている。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集