点検整備3項目実施で2%燃費改善---自動車エコ整備

エコカー 燃費
国土交通省は31日、自動車エコ整備に関する調査検討会報告書をまとめた。

それによると、点検整備項目のうち、(1)エンジンオイル及びオイルフィルタ交換、(2)エアクリーナエレメント交換、(3)タイヤ空気圧調整の3項目を実施することで、2%程度の燃費改善効果が確認され、CO2削減効果も同様と考えられるとしている。

また、整備事業場でのCO2削減の取り組みについては、整備業界が自主的に策定した「地球温暖化防止推進マニュアル」にあるような取り組みの実態を具体的に検証することにより、実際に事業場のCO2排出量が削減され、光熱費の節約にもつながっている状況が確認された。

報告書は今後の課題として、これらの調査結果を自動車ユーザーに周知していくことのほか、自動車点検整備推進運動での取り組みのなかでユーザーを啓発していくことを提言。

整備事業場でのCO2削減については、地球温暖化防止推進マニュアルのさらなる普及啓発をあげた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集