【メルセデスベンツ Eクラスワゴン 発表】写真蔵…E350ブルーテック アバンギャルド

自動車 ニューモデル 新型車
E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
  • E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
メルセデスベンツは新型『Eクラス』にワゴンモデルを設定、同時に最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載した「ブルーテック」グレードを追加した。『E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド』が搭載する3リットル直噴V6ターボディーゼルは、最高出力211ps、最大トルク540Nm、燃費性能は13.4km/リットルを実現する。

排出ガス処理システム「ブルーテック」は、排出ガスに尿素水溶液「アドブルー」を噴射することで化学反応を起こし、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減する「尿素SCR」を採用している。最新技術の採用により、先代「E320CDI」から約69%ものNOxを削減可能とした。

アドブルーの消費量は1000kmあたり約1リットル。リアゲート、トランク下に搭載されるタンクの容量は24.5リットルで、メルセデス指定点検時に補充されるため、残量の心配をする必要は殆どない。

アドブルータンクは、他グレードでスペアタイヤを搭載する場所に設置されているため、ブルーテックグレードにスペアタイヤは装備されない。そのため、17インチ仕様ではランフラットタイヤを採用、その他サイズではパンク修理キットを装備する。

ブルーテックと他グレードとの識別ポイントは、後部の「ブルーテック」エンブレムのみとなっている。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • 【井元康一郎のビフォーアフター】内燃機関で最も高効率、ディーゼル 画像 【井元康一郎のビフォーアフター】内燃機関で最も高効率、ディーゼル
  • 【ホンダ CR-Z 発表】写真蔵…新時代のコンパクトハイブリッド 画像 【ホンダ CR-Z 発表】写真蔵…新時代のコンパクトハイブリッド
  • 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】BMW コンセプト 5シリーズ アクティブハイブリッド 画像 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】BMW コンセプト 5シリーズ アクティブハイブリッド

特集