【東京モーターショー09】箕浦ダイハツ社長、イースの発売は2-3年内

自動車 ニューモデル モーターショー
ダイハツe:S
  • ダイハツe:S
  • ダイハツe:S
  • ダイハツe:S
ダイハツ工業は、1リットル当たり30kmの燃費(10・15モード)を達成した軽自動車『e:S』(イース)を中心に展示。箕浦輝幸社長は「軽自動車のあるべき姿」として軽量化、低燃費、低価格---の3つのキーワードを追求していくと指摘、イースでこれらを具現化する方針を示した。

注目の商品化についてはショーでの反響をもとに改良を加え、「リッター30kmを確保したうえで2、3年以内には発売する」と宣言した。

また、ハイブリッド技術については「軽自動車にハイブリッドシステムのような重量の増えるユニットを搭載すべきではないとの結論」に達したと語り、軽の環境対応は既存技術の改良で推進する方針を強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集