【東京モーターショー09】箕浦ダイハツ社長「軽自動車にHVは搭載すべきでない」

自動車 ニューモデル モーターショー
ダイハツ工業
  • ダイハツ工業
  • ダイハツ工業
  • ダイハツ工業
  • ダイハツ工業
  • ダイハツ工業
ダイハツ工業は箕浦輝幸社長が第41回東京モーターショー会場でプレスブリーフィングを行い、軽自動車づくりのおける同社のキーワードや、軽自動車とハイブリッドシステムの」関係などを語った。

ダイハツのキーワードとは「軽量化すなわち省資源」「低燃費」「低価格」の3つ。それに沿ったコンセプトカー『e:S』(イース)を公開した。イースは通常のエンジンを搭載、車両を700kgと軽量化させて燃費を向上させる。

箕浦社長は「車重の軽い軽自動車に車重の増えるハイブリッドを搭載すべきでない」、「生産から廃棄までのCO2排出量を試算すると、ハイブリッドよりも省資源、低燃費のイースがトータルで環境性能に優れている」と話し、イースがダイハツの考えるエコカーであると明らかにした。
《正田拓也》

特集