【東京モーターショー09】日産 フーガ…森の空気と本格オーディオ

自動車 ニューモデル モーターショー
フーガ新型
  • フーガ新型
  • フーガ新型
  • フーガ新型
日産自動車は、まもなく発売を予定している『フーガ』新型を第41回東京モーターショーに出品する。そのインテリアの快適性を考えたとき、「空気と音」だと話すのは商品企画室、大澤辰夫さん。

空気について「クルマの中を森の空気で満たして汚い空気を入れないという考えです。車内の臭いは外に出す。次に、プラズマクラスターイオンで除菌や消臭を行う。そして、ゆらぎ風でそよ風を再現してアロマで香りをつけて、湿度などをコントロールして極力森の空気に近づけようとしています」と説明する。

音については、「以前からBOSEのサウンドを使っていますが、スピーカーを16スピーカーと増やし、パワーアンプを14本積んでマルチ駆動させて5.1chの本格サラウンドを実現しています」。

「ご夫婦で乗る時に夫と妻で設定が違うといった場合が多いので、ドラポジの設定にプラスして、エアコン、オーディオやナビなどの設定が、キーでドアを開けるとキーの所有者の設定になるようにしました」と細かい気配りもしているという。

「静粛性では全車アクティブノイズコントロールを標準装着。低回転でATがロックアップするとこもり音が発生するのですがそれを消しているので、相当低回転でロックアップ可能となりました。これは燃費にも貢献しているのです」
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 車内を森林の空気にする空調…日産 フーガ 新型に採用 画像 車内を森林の空気にする空調…日産 フーガ 新型に採用
  • 【日産 フーガ プロトタイプ】まもなく登場…写真蔵 画像 【日産 フーガ プロトタイプ】まもなく登場…写真蔵
  • 【東京モーターショー09】日産 フーガ、インテリアにこだわる 画像 【東京モーターショー09】日産 フーガ、インテリアにこだわる

特集