【東京モーターショー09】三菱 i-MiEVカーゴ…取って付けたように、あえて

自動車 ニューモデル モーターショー
i-MiEVカーゴ
  • i-MiEVカーゴ
  • i-MiEVカーゴ
  • i-MiEVカーゴ
  • i-MiEVカーゴ
  • i-MiEVカーゴ
  • i-MiEVカーゴ
三菱『i-MiEVカーゴ』コンセプトのフロントウインドウ上端とルーフとの接続部には、ワンクッション谷折れが入っていることに気づかれる方もいるだろう。

「最初はAピラーからスムーズにつないだ方がいいのではとトライしました」とはデザイン本部デザイン推進部の安井淳司さん。しかし、そうしたところ、フロント面とルーフとの交点がかなり後方に行ってしまった。

「クルマのシルエットが直角三角形になって、i を使っている以上前のボリュームがないこともあり、リアの腰高感が相対的に強くなるばかりで、どうにもバランスが取れなくなってしまう」と2種類のクルマを合体させる苦労を語る。

「それを何とかしようとルーフ前端を前に出したのですが、そうするとウィンドシールド上端が内側に入り込んでしまったのです」

この結果を逆手に取ることを考えた。「i-MiEVカーゴはもともと i に何かをつけるということが目的。そうすると、つけたのについているのがわからないのでは駄目じゃないか、と。じゃあつけたように見せようと考え方をシフトしたのです」と安井さん。

「ついていることがメッセージ。隠してデザインして、取って付けたことが後からばれたときはネガティブな印象になりますからね」と苦労した結果を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集