【ホンダ ステップワゴン 新型発表】ボディや補機類などすべての部分で燃費を追求

自動車 ニューモデル 新型車
ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
新型ホンダ『ステップワゴン』は、ボディサイズは大きくなっても、空力性能を追求することで高速時の燃費性能は向上させていると言う。回転半径を縮めて取り回し性を向上させたという、角を落としたフロントマスクは空力面でも貢献していそうだ。

さらに『インサイト』にも搭載されている「エコアシスト」を装備している点も大きい。これは「ECON」スイッチを押すことで電子スロットルの開度やCVTの減速比、エアコンの負荷などを燃費重視のECONモードに切り替えてくれる。

けれども本田技術研究所の新地さんによれば、ECONモードではない通常モードでも協調制御による燃費追求は行なっていると言う。

「オルタネータはバッテリーの充電状況や消費電力だけでなく、加速時や巡航時には発電量を抑えて、減速時に積極的に発電するようにしています。また、エアコンの冷房効率を向上させるため、内気循環の比率を増やしています。これは匂いの対策なども必要でした」

ボディは大きく、80kg重くなっても燃費は向上しているのには、本当に細かな努力の積み重ねがあったのだ。

それでも価格が208万円からというのは、正直言って、かなり安い。『フィット』よりもお買い得だと思うのは筆者だけではないだろう。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ ステップワゴン 新型発表】燃費で追い込んだエンジン、振動対策まで 画像 【ホンダ ステップワゴン 新型発表】燃費で追い込んだエンジン、振動対策まで
  • 【ホンダ ステップワゴン 新型発表】伊東社長、HV設定は?? 画像 【ホンダ ステップワゴン 新型発表】伊東社長、HV設定は??
  • 【東京モーターショー09】2015年までに全世界のマツダ車で30%の燃費向上 画像 【東京モーターショー09】2015年までに全世界のマツダ車で30%の燃費向上
  • インフィニティに初のHV…2011年春に米国発売 画像 インフィニティに初のHV…2011年春に米国発売

特集