ブガッティの4ドアサルーン…翼のようなボンネット

自動車 ニューモデル 新型車
PR映像スクリーンショット
  • PR映像スクリーンショット
  • PR映像スクリーンショット
  • PR映像スクリーンショット
  • PR映像スクリーンショット
  • PR映像スクリーンショット
  • PR映像スクリーンショット
ブガッティは9月14日、『16Cガリビエールコンセプト』を発表した。動画共有サイトでは、そのPR映像が公開されている。

16Cガリビエールコンセプトは、ブガッティの創立100周年記念イベントのハイライトとして、フランスで披露された。世界で最もエクスクルーシブ、エレガント、パワフルな4ドアサルーンを目標に開発。現時点ではコンセプトカーだが、近い将来、市販される可能性が高いという。

パワーユニットは、『ヴェイロン』譲りのW16気筒エンジンに2ステージスーパーチャージャーを追加したもの。スペックは公表されていないが、4個のターボを採用するヴェイロンの最大出力1001ps、最大トルク127.5kgmに迫るものと推測される。駆動方式はフルタイム4WD。ガソリンだけでなくエタノールでも走行できるフレックスフューエル車となる。

外観はアルミポリッシュ仕上げのフロントフェンダー&ドアが特徴。カーボンファイバー製ボディパネルは、ダークブルーで塗装された。馬蹄型グリルとラウンドしたLEDヘッドランプは、ブガッティのアイデンティティ。大型ゲートを備えるテールエンドには、斬新なLEDランプが配されている。

インテリアは、最上の素材が使用された。2個のメーターはダッシュボード中央に配置され、後席からも見えるように設計。メーターの下にはスイスのパルミジャーニ社製の「Reverso Tourbillon」時計をレイアウトする。この時計は脱着でき、レザーストラップを取り付ければ、腕時計としても使用できる。

市販されれば、間違いなく世界の頂点に立つ4ドアサルーンとなりそうな16Cガリビエールコンセプト。そのPR映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集