【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル

自動車 ニューモデル 新型車
【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 発表】写真蔵…伝統と先進のスタイル
メルセデスベンツ日本は、14年ぶりの復活となる新型『Eクラスクーペ』を発表した。エレガントな2ドアクーペスタイルは、Cd値(空気抵抗係数)0.24と量産車最高レベルを実現している。

サイドビューは、メルセデスのクーペ伝統のBピラーレスデザインを採用し、フルオープンとなるサイドウィンドウが開放感を演出、ルーフの流麗なラインを際立たせている。リアフェンダーには、Eクラスセダンにも採用された1960年代の名車「ポントンメルセデス」の意匠が織り込まれ、グラマラスなラインを描く。

フロントマスクは、新型セダンのデザインを踏襲しながらもよりシャープになり、スポーティモデルの伝統であるスリーポインテッドスターを中央に配した大型グリルが力強さとワイド感を演出。またバンパー左右の「LEDナイトドライビングライト」は、Eクラスクーペのデザインアイコンであると同時に、夜間走行中に自車の存在をアピールすることで安全性を高めている。

2ドアクーペでありながら前後シート間隔は789mmを確保し、4座独立式のシートコンセプトにより大人4人がゆったりとくつろぐことができる。後席への乗降についても、シートバックを倒すと前席が自動的に前方へスライドする「イージーエントリー」を採用、利便性・快適性を高めた。

また、セダンではコラムシフトが採用されたが、新型クーペではよりスポーティな走りを楽しむ事ができるようにと、シフトノブがセンターに配置されているのが特徴だ。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集