FOTAの妥協案をFIAが拒否

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
FOTAの妥協案をFIAが拒否
  • FOTAの妥協案をFIAが拒否
  • FOTAの妥協案をFIAが拒否
フェラーリ、マクラーレンを筆頭とする既存8チームが来年のチャンピオンシップに参戦しないかもしれないというF1危機を打開するため、チーム側の組織であるFOTAは妥協案をFIAに提示した。

すでにFIAはバジェット・キャップを2010年に1億ユーロ、2011年に4500万ユーロと段階的に縮小していくことにしていると言われ、チーム側はこれを受け入れる代わりにFOTAが選定した独立会計士のグループによってバジェットキャップが監査されることを提案した模様。

しかしFOTA側は2010年エントリー期日を7月1日まで延長することを求めているが、FIAのマックス・モズレー会長はFOTA側の提案をことごとく拒否している。

「残留を希望する者は、金曜日(19日)までに通知する必要がある」と、断固として「エントリーありき」の姿勢を崩していない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ルマン「F1チームいつでも歓迎」 画像 ルマン「F1チームいつでも歓迎」
  • 2010年F1エントリーリストの裏読み 画像 2010年F1エントリーリストの裏読み
  • ルノー、F1撤退か…サプライヤーに可能性を伝える 画像 ルノー、F1撤退か…サプライヤーに可能性を伝える
  • ロータス、F1復帰を否定 画像 ロータス、F1復帰を否定

特集