住友電工ネットワークス、小型 WiMAX 通信モジュールを開発

自動車 テクノロジー ネット
住友電工ネットワークスは9日、モバイルWiMAXネットワークに接続可能な小型通信モジュール『SWiM-50』を開発したと発表した。

新製品はモバイルWiMAXネットワークを採用するMVNO(仮想通信事業者)への提供を目的に2009年末に販売を開始する予定。
 
WiMAXは、電気電子学会標準規格802.16eをもとに規格化された高速ワイヤレスインターネット。街角などスポットで利用される無線LANとは異なり、広いエリアで利用可能で、外出先や車での移動中も高速インターネットを利用することが可能。
 
今回開発したSWiM-50は、モバイルWiMAXネットワークに接続可能な小型通信モジュールで、USBに加えEthernetインターフェースを内蔵しており、据え置き型ブロードバンド端末相当のルータ機能を搭載する。このため、Ethernetインターフェースを介することで様々な機器を容易にWiMAXサービスに接続することが可能だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • UQコミュニケーションズとインテル、WiMAXの早期普及に向けて関係強化 画像 UQコミュニケーションズとインテル、WiMAXの早期普及に向けて関係強化
  • KDDI、法人向け WiMAX 接続インターネットサービスを開始 画像 KDDI、法人向け WiMAX 接続インターネットサービスを開始
  • 【CES 08】WiMAX技術を使ったカーナビ…沖電気、アルパイン、ランコムが開発 画像 【CES 08】WiMAX技術を使ったカーナビ…沖電気、アルパイン、ランコムが開発
  • 成田と羽田空港路線のリムジンバス、無線LAN接続サービス開始 画像 成田と羽田空港路線のリムジンバス、無線LAN接続サービス開始

特集