BMWのロードスター、デビュー75周年

自動車 ビジネス 企業動向
BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
  • BMWのロードスター、デビュー75周年
BMWは5月28日、BMW初のロードスター『315/1』の発売から75周年を迎えたと発表した。315/1は現在の『Z4』のルーツに当たるモデルである。

315/1は1934年5月、ドイツ・ベルリンモーターショーでベールを脱いだ。エアロダイナミクスを追求した流麗なボディに、エレガントなリアエンドを持ち、BMWの走りのDNAを表現した2シーターロードスターとして誕生したのだ。

エンジンは『303』の1.2リットルを拡大した1.5リットル。もちろん、ストレート6である。同時に発表した『315サルーン』は最大出力34psだったが、このロードスターでは最大出力が40psまで高められ、最高速120km/hという当時としてはトップレベルの性能を誇った。

325/1は1934年、国際アルピーヌラリーに参戦。総ルート2867kmを全開走行する過酷なラリーだったが、BMWワークスチームから出走した315/1の5台のうち1台が、クラス優勝という快挙を成し遂げた。315/1は1936年までに242台が生産され、世界有数のスポーツカーとして、その名は歴史に刻まれている。

315/1に続いて、BMWは『328』(1936年)、『507』(1955年)、『Z1』(1988年)、『Z3』(1995年)、『Z8』(2000年)、初代『Z4』(2002年)、2代目『Z4』(2009年)とロードスターモデルを発売。BMWは「スタイルは変わっているが、その根底にあるものは、315/1から変わっていない」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集