日立グループ、第4世代のリチウムイオン電池を開発…出力密度1.7倍

自動車 ビジネス 企業動向
日立グループ、第4世代のリチウムイオン電池を開発…出力密度1.7倍
  • 日立グループ、第4世代のリチウムイオン電池を開発…出力密度1.7倍
日立製作所と日立ビークルエナジーは19日、自社で量産中の車載用リチウムイオン電池に比べて出力密度が1.7倍の4500W/kgとなる世界最高出力(2009年5月現在)のリチウムイオン電池を開発、2009年秋から国内外の自動車メーカーにサンプル出荷する。

今回開発した電池は、電池の内部抵抗を低減するために、電極にMn(マンガン)系の新規の正極材料を採用したほか、電極の薄膜化、集電方法、形状を工夫した日立独自の電池構造により、世界最高出力を実現した。

携帯電話やノートパソコン、デジタルカメラをはじめとする民生機器向けに多くの使用実績があるリチウムイオン電池は、ニッケル水素電池と同一のエネルギー密度の場合、ニッケル水素電池の体積と重量が約2分の1、鉛電池との比較では体積と重量が約3分の1と、高いエネルギー密度を持つ小型で軽量な二次電池という特長をもち、ハイブリッド自動車や電気自動車への適用が注目されている。

日立グループは、2000年に世界で初めて安全で高性能かつ長寿命な、自動車用リチウムイオン電池を開発・量産した。現在、自動車や鉄道向けに納入している出力密度2600W/kgの第2世代リチウムイオン電池は、世界で唯一量産している車載用リチウムイオン電池。これまで、自動車メーカーや鉄道会社向けを中心に累計出荷数は60万セルに達している。
 
また、第2世代リチウムイオン電池の出力密度を向上させた3000W/kgの第3世代リチウムイオン電池もすでに開発を完了しており、2010年から量産する予定。
 
今回、サンプル出荷するリチウムイオン電池は、小型化・軽量化と世界最高出力を実現する高性能な電池として開発した第4世代リチウムイオン電池。日立は今後、電池のラインアップを顧客のニーズに応じて電池セル単品だけでなく、制御と組み合わせた電池システムとして最適なソリューションを提供していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ プリウス 新型発表】販売地域は80か国・地域に倍増 画像 【トヨタ プリウス 新型発表】販売地域は80か国・地域に倍増
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】意外!? ソーラーパネルは充電できず 画像 【トヨタ プリウス 新型発表】意外!? ソーラーパネルは充電できず
  • 三洋電機、HEV用リチウムイオン電池の工場を新設…月産100万セル 画像 三洋電機、HEV用リチウムイオン電池の工場を新設…月産100万セル
  • 新日石、家庭用燃料電池を販売 5月から 画像 新日石、家庭用燃料電池を販売 5月から
  • 日産、電気自動車を生産へ---追浜工場で10年秋から 画像 日産、電気自動車を生産へ---追浜工場で10年秋から

特集