【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
  • 【SUPER GT 第3戦】レース以外でもおおにぎわい
富士スピードウェイで5月3 - 4日に開催された「2009 AUTOBACS SUPER GT第3戦」は、予選2万8500人、決勝5万人、計7万8500人の観衆でにぎわった。今大会ではレースのほかにも様々なイベントが開催された。  

まず予選日夕刻の、子連れファミリーを対象にした「GTキッズウォーク」には5000人を超えるファンが参加し、ピットロードでドライバーにサインをもらったり、一緒に写真に納まるなどの触れ合いを楽しんだ。  

予選日の夜にピットビル壁面の大型ビジョンを使用した「スピードウェイシアター」では、日本アニメ『マッハGoGoGo』を原作にしたワーナーブラザーズ配給の『スピード・レーサー』を上映し、約1500人がメインスタンドで鑑賞した。  

明けて決勝日朝の「サーキットサファリ」では、大型バス5台に乗車した約200人のファンが、混走するGTマシンを車窓から眺めた。  

そして決勝レース終了直後にコースを開放した「コースウォーク」では、約1万人が表彰式を間近で楽しんだり、レースの熱気が残るコースを散策し、余韻に浸った。コースウォークは2005年4月のリニューアルオープン後初の開催。コーナーの各所には緊急車両やペースカーなどのオフィシャルカー計24台を展示し、消火車での放水体験やフラッグマーシャル体験など、レース運営を支えるオフィシャルとの触れ合いを楽しんだ。  

決勝レースはGT500クラスが1号車「MOTUL AUTECH GT-R」の本山哲/ブノワ・トレルイエ組が、GT300クラスは43号車「ARTA Garaiya」の新田守男/高木真一組が、それぞれポールtoウィンで優勝している。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集