コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ

自動車 ニューモデル 新型車
コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
  • コルベットの心臓を持つスーパーカー、いよいよ市販へ
米国に本拠を置くモスラー(MOSLER)オートモーティブ社は、『MT900GTRXX』の欧州発売を正式発表した。同車はモスラー社の創立20周年を記念して生産されるスーパーカーだ。

モスラー社は1985年、ウォーレン・モスラー氏が米国フロリダ州に設立。1991年にオリジナルスーパーカー『MT900』をリリースする。1175kgという軽量ボディにGMのシボレー『コルベット』用の「LS1」型5.7リットルV8を搭載。0-96km/h加速3.5秒、最高速241km/hという高性能をマークした。

モスラー社はMT900をベースにしたレース専用車、『MT900R』も開発。徹底した軽量化により、車重を1020kgに抑えた。MT900Rはデイトナ24時間、英国GT選手権、FIAGT選手権などで活躍。日本のスーパーGTでも、GT300クラスに一時期、その雄姿を現している。

同社の創立20周年を記念して発売されるMT900GTRXXは、MT900シリーズの究極の進化形だ。エンジンはコルベット用の「LS7」型7.0リットルV8。最大出力は600psと、ノーマルの511psよりも89ps引き上げられた。

ボディはカーボンファイバーとケブラーの複合素材を使用し、車重は1111kgに仕上げられた。この結果、MT900GTRXXは0-100km/h加速3.1秒以下、最高速340km/h以上という卓越したパフォーマンスを発揮する。

足回りはカーボンセラミックブレーキや車高調整式サスペンションで強化。モスラー社は「1.1gものコーナリングGに耐えられる」と説明している。

MT900GTRXXは、欧州の衝突安全基準やユーロ4の排出ガス基準に適合。今年後半に欧州全域とアラブ首長国連邦で販売がスタートする。価格は25万ユーロ(約3165万円)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース