全日空、スターフライヤーに資本参加

自動車 ビジネス 企業動向
全日空は、スターフライヤーに資本参加すると発表した。スターフライヤーは羽田から北九州間などを結ぶ定期便を運行しており、日産自動車も資本参加している。

全日空とスターフライヤーは2005年に業務提携を締結し、航空券予約システムや訓練施設の賃貸などを行っているほか、2007年6月からはスターフライヤーの東京から北九州線10往復20便で共同運航している。今後、両社の協力関係をさらに進めるため、スターフライヤーの要請に基づいて資本提携する。

スターフライヤーが12月21日に実施する約3億円の第三者割当増資のうち、全日空は約1億円の出資を引き受ける。この結果、スターフライヤーへの全日空の出資比率は1%程度となる見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • A380が地上の速度試験で負けた相手---飛行機シンポジウム 画像 A380が地上の速度試験で負けた相手---飛行機シンポジウム
  • ブリヂストン、エアバス A380 初号機にタイヤ納入 画像 ブリヂストン、エアバス A380 初号機にタイヤ納入
  • トヨタ、岩手工場向け部品輸送のための鉄道便を増便 画像 トヨタ、岩手工場向け部品輸送のための鉄道便を増便
  • タイムズでPASMO パーク24と東武鉄道が合意 画像 タイムズでPASMO パーク24と東武鉄道が合意

特集