【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
  • 【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
  • 【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
  • 【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
  • 【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
  • 【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
  • 【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
  • 【東京モーターショー07】カワサキ、根強い人気と新たな人気
東京モーターショー、カワサキ(川崎重工)ブースでは、1000ccオーバーのコーナーと、250ccのコーナーの2部構成で製品を紹介していた。

会場手前に位置する大排気量のコーナーで注目されていたのは、ツーリングバイク『1400GTR』。登載されるDOHC4気筒エンジンはアルミモノコックフレームによって支えられ、動力はシャフトドライブによって後輪へと伝えられている。

さらに日本初披露となる『Ninja ZX-10R』も人気。外装を外したモデルも展示されており、来場者に注目されていた。

また、今回のショーでは3台の250ccバイクを大きくアピール。ブース内の奥に設置された巨大な舞台では、定期的にステージを開催していた。ここでプロモーションされるのは、3台の中型バイク『Ninja 250R』と『D-TRACKER X』、『KLX250』。大排気量バイクメーカーとしてのイメージが強いカワサキだが、新たなユーザーの獲得に精力的な姿勢が伺えた。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

  • 川崎重工の中間期決算…大幅増益を達成、二輪車も順調 画像 川崎重工の中間期決算…大幅増益を達成、二輪車も順調
  • 【東京モーターショー07】スズキ、二輪の複葉機 画像 【東京モーターショー07】スズキ、二輪の複葉機
  • 【パリモーターショー07二輪】カワサキ、Ninja ZX-10R  新型など出品 画像 【パリモーターショー07二輪】カワサキ、Ninja ZX-10R 新型など出品

特集