【グッドデザイン】発売直後のロードスター、興味しんしん

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
【グッドデザイン】発売直後のロードスター、興味しんしん
  • 【グッドデザイン】発売直後のロードスター、興味しんしん
  • 【グッドデザイン】発売直後のロードスター、興味しんしん
  • 【グッドデザイン】発売直後のロードスター、興味しんしん
  • 【グッドデザイン】発売直後のロードスター、興味しんしん
「グッドデザイン・プレゼンテーション2005」(25−27日、東京ビッグサイト、主催:日本産業デザイン振興会)でマツダは中牟田泰チーフデザイナーが、発表になったばりのロードスターをプレゼンテーションした。

「初代から続く『人馬一体』が開発コンセプトです。“SIMPLE”、“FRIENDLY”、“FUN”、“UNIQUE”をキーワードに、ロードスターのヘリテイジを大切にデザインしました」

「具体的には他のオープンカーのような大きな抑揚が付いたり厚いショルダーラインではなく、わずかにだけ抑揚の付く薄い水平に近いショルダーラインを通しました。またオーバルシェイプを基本とし、ドアを外側に出してボディの前後を絞り、ホイールアーチを強調して、スポーツカーらしい踏ん張り感を出しました」と解説。

発表直後と言う事もあり、実車の展示会場には、人だかりができていた。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集