マツダ CX-7 誕生へ---MXクロスポルトを量産化

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ CX-7 誕生へ---MXクロスポルトを量産化
  • マツダ CX-7 誕生へ---MXクロスポルトを量産化
  • マツダ CX-7 誕生へ---MXクロスポルトを量産化
マツダ・ノース・アメリカン・オペレーションズ(MNAO)は、クロスオーバータイプの新型モデル、『マツダCX-7』(マツダシーエックスセブン)を2006年に北米市場へ導入することを発表した。

この新型モデルは、今年1月に米国デトロイトで行われた2005年北米国際自動車ショー(NAIAS、デトロイトモーターショー)で発表したコンセプトカー『マツダMXクロスポルト』をベースに開発される。

MXクロスポルトは、コンセプトカーとしてそのZoom-Zoomスピリットを体現したスタイリングとドライバーの心をわくわくさせるインテリアにより、NAIASやその後出品した各自動車ショーにおいて非常に高い評価を受けている。

量産モデルであるCX-7は、コンセプトカーのデザインテーマを継承し、2006年から日本で生産される。詳細な商品情報や導入時期などについてマツダは、今後適切な時期に公表するとしている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集