【CES 05】ソニーがカーAV関連で“初”を相次いで投入

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【CES 05】ソニーがカーAV関連で“初”を相次いで投入
  • 【CES 05】ソニーがカーAV関連で“初”を相次いで投入
  • 【CES 05】ソニーがカーAV関連で“初”を相次いで投入
  • 【CES 05】ソニーがカーAV関連で“初”を相次いで投入
AVメーカーの雄として不動の地位を築いたソニーだが、意外にもカーAVに関してはラインナップにカーAV関連のレシーバーは用意されていなかった。そこで、今年は2モデルをようやく投入。

米ラスベガスで開催されたCESに展示され、これらはうれしいことに日本国内でも発売される模様で、これでAVメーカーとしての面目躍如がようやく叶ったことになる。

その一つめがDVD再生機能付きのAVセンター『XAV-A1』である。タッチパネル機能付きQVGA・7型ワイドモニターを備えたことでスピーディなコントロールを可能にし、視野角もかなり広めに取っている。これによって使い勝手と見やすさを両立させているのだ。

注目はソニーとしては例外的に前面にAV入力端子を備えていること。従来はあらかじめ入力用端子を配線する必要があったが、その心配もなく撮影したビデオカメラ映像を再生したり、ヘッドホンステレオなどが楽しめるようになる。価格は1400ドルで4月より発売予定。

それと、もう一つが2.4GHz帯を使ったAVトランスミッター機能付きDVDレシーバー『MEX-R5』の投入だ。

これもソニーの最初となる1DINサイズのインダッシュAM/FM/DVDレシーバーであるが、ワイヤレス受信機能を備える6.5型ワイド液晶モニター・XVM-F65WLと組み合わせることで、互いを接続することなく、手軽にリアエンタテイメントが楽しめるようになる。

このモニターには無線で受信できるIRヘッドホン1台とヘッドレストに確実な取り付けを可能にするブラケットを付属。レシーバーとモニターはそれぞれ450ドルで、セットで900ドルというリーズナブルな価格を実現しているのも魅力だ。発売は6月を予定している。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

  • 【CES 05】iPod コントロール、なんとソニーからも! 画像 【CES 05】iPod コントロール、なんとソニーからも!
  • 【CES 05】車載機へデータを無線送信 画像 【CES 05】車載機へデータを無線送信
  • インターナビ、地図更新で車線ごとの渋滞予測に対応 画像 インターナビ、地図更新で車線ごとの渋滞予測に対応
  • 11日からETC割引…日本道路公団で50% 画像 11日からETC割引…日本道路公団で50%
  • 次世代カーナビはアナタが開発する!! うそじゃない!! 画像 次世代カーナビはアナタが開発する!! うそじゃない!!

特集