【スバルWRC】ステファン・サラザンを起用

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
スバルテクニカインターナショナルは10日、富士重工業のワークスラリーチームであるスバルワールドラリーチーム(SWRT)の2005年FIA世界ラリー選手権のドライバーラインナップに、29歳のフランス人、ステファン・サラザンを起用すると発表した。

SWRTで定着したドライバー育成プログラムの一環としてサラザンは起用された。04年シーズンのサラザンはにスバルフランスの支援で「インプレッサWRC」を駆り、活躍している。コドライバーは経験豊かなジャック・ジュリアン・ラヌッチ(フランス)。

エースドライバーはペター・ソルベルグと、すでに決定している。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集