ヤマハ発動機、マリン部門の新会社---一本化

自動車 ビジネス 企業動向
ヤマハ発動機は19日、レジャー用中大型ボートの販売・サービスを行う新会社「ヤマハボーディングシステム」を4月1日に設立する、と発表した(既報)。これまでは別々の会社で行っていた、新艇と中古艇・輸入艇の販売・サービス業務を一体化する。

ヤマハ発動機は、中大型プレジャーボートの新艇販売は、子会社のヤマハ発動機販売が担当し、中古艇や輸入艇の販売は、孫会社のワイズマリン(大阪府吹田市)が行っていた。しかし顧客サービス向上の観点から、新艇と中古・輸入艇の販売窓口を分けるのは望ましくないと判断し、新会社を設立することで統合することにした。

ワイズマリンは新会社の存続会社となる。新会社は、神奈川県横浜市金沢区にあるヤマハマリンセンター内に置く。新会社は、資本金9000億円で設立し、ヤマハ発動機が43.9%、ヤマハ発動機販売が56.1%を出資する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集