フォード フィエスタ 特別編集

FORD FIESTA フォードのグローバルプロダクトである『フィエスタ』。同社の歴史をけん引してきたモデルだ。1970年代にフィエスタの歴史が始まる。

  • 1970年代
  • 1976
  • 現在
フォード『フィエスタ』

1976

1976年に出版された、Edouard Seidler著『フィエスタと呼ぼう』によると、1970年代フォードの開発プロジェクト「ボブキャット」は欧州をまたぐ、当時としては異例の大規模プロジェクトだった。

1976年から市場投入するひとつの車種に対し、当初年産50万台を予定した。エンジンはスペイン バレンシア近郊の新工場にて生産、トランスミッションとディファレンシャルギアを一体化したトランスアクスルの製造は、フランス ボルドー近郊に建設予定だった工場にて。各種パーツはイギリスやドイツから集まることとなった。加えて車両の組み立ては、スペイン、ドイツ、イギリスで実施。この小型車の生産に、フォードは総額10億ドル以上の投資をした。

ボブキャットプロジェクトが果たしてどのようなモデルの投入に至るのか。当時、自動車業界ではさまざまな憶測が飛び交ったが、これについて1975年12月、ヘンリー・フォード2世は「フィエスタ」を発表。情報戦に終止符を打った。「フィエスタ」の名前については、フォードの「F」とフィエスタの「F」。祭り、祭日を示すフィエスタの語彙に伴う楽しいクルマであること。その背景にある、バレンシア工場/スペインとの関係などが考慮されたという。

フィエスタは、フォードで初めて横置きエンジンと前輪駆動を採用。ハッチバックのシャープかつバランスのとれたデザインが、多くのオーナーに受け入れられた。小型車需要を喚起するとともに、好調な販売を続けることになった。

フォード『フィエスタ』

初代フィエスタ MK I は、1976年夏に3車種が発売された。エントリーモデルは1.0リッターエンジンで40馬力、戦略的な価格設定とした。45馬力と53馬力の1.1リッターGHIAモデルも投入し、小型車ながら選択肢の拡充に注力した。

デザインは決して見た目だけのものではない。フロントグリルは低速時は空気を通し、速度が上がるとボンネットに空技が流れる。このシステムにより空気抵抗係数は0.42Cdとした。1.0リッターエンジンで、時速90kmで走行すると100kmあたり5.6リッター、120kmでは8.2リッター、市街地では7.9リッターの燃料消費とした。

経済性はフィエスタの大きなポイントであり、あわせて女性をターゲットとした戦略が功を奏した。車重は700kg、荷室容量は1.2立方メートルとした。車にとって永遠の課題である、重さ、燃費、居住性といった、背反する要素たちを高効率なパッケージにとして収めることでニーズを得た。

1978

イギリスにおいてフィリップ殿下より英国デザイン・カウンシル賞が授与された。

ドイツの自動車雑誌「mot」が実施する「カー・オブ・ザ・イヤー」では、フィエスタは読者の31%以上にあたる約29,000人の得票を得たという。特に販売価格、燃費効率、維持費、リセールバリュー等の分野で1位とした。

1981

発売から32か月、1979年1月9日に、100万台目のフィエスタが生産された。モンテカルロ・ラリーに初参加したしたフィエスタは「フィエスティシマ」とし、車重800kg、ダブル・ウェーバー・キャブレター、ドライオイルパン注油方式を採用、1.6リッターエンジンは155馬力を実現した。結果、初参加ながら10位完走を遂げる。

モータースポーツでの活躍が後押しとなり、販売は好調に推移した。

フォード『フィエスタ』

1981

3月、200万台目の生産に到達。1976年5月から数えて58か月あまりのことだった。

1983

9月にフェイスリフト、新型MK II フィエスタ発表。フォード シエラのエクステリアを取り入れた。低いボンネット、狭いフロントグリル、エッジは丸みを帯び、ヘッドライト形状は従来モデルを継承するデザインとした。空気力学的には抵抗係数が0.42Cdから0.40Cdに向上。インテリアも見直しがなされ、機能別にゾーニング、最適化された空調システムが装備されたことは大きなポイントとなった。

ここではパワートレインの種類を拡充。新たに1.6リッターで54馬力を発生するディーゼルエンジンを採用し、経済性を打ち出した。2代目モデルにより1984年2月には300万台を突破した。

テクノロジー面では1984年、1.3リッターの無鉛ガソリンエンジンを発表、CVTも特許を取得しているフォードの技術のひとつであり、前輪駆動の小型車のために開発されたもの。ギアとエンジンの操作を最適なレベルに保ち、マニュアルとオートマチック変速機の長所を併せ持つ技術とした。

フォード『フィエスタ』

1989

初代の生産開始から約13年。フィエスタ MK III が、1989年2月に登場した。

SCS(ストップコントロールシステム)アンチロックブレーキングシステムを採用し、マニュアルトランスミッションはオプションとした。その他、電気式のウインドースクリーン防氷システム、1.1リッターエンジンと1.4リッターエンジンのCTXオートマチックトランスミッション、新型1.8リッターOHCエンジン、究極の燃費効率を求めたディーゼルエンジン、新しいシートデザイン、安全性の高いドアとステアリングロック、アジャスタブル・シートベルトなどがあった。

ガソリンエンジンは有鉛、無鉛どちらの燃料でも走り、1.0リッターエンジンと1.1リッターエンジンには「リーンバーン」をラインアップ。改良型1.4リッターエンジンと1.6リッターCVHリーンバーンエンジンにより、ガソリンエンジンのラインアップは完成をみた。スポーティなXR2iには、1989年10月に18のモデルラインアップが加わり、エアロパーツなどにより内外装を演出した。

市場導入の1か月後にフィエスタは欧州7か国で同クラスの販売チャートのトップとなった。1976年の初代モデル導入以来、525万台のフィエスタがドイツ、スペイン、イギリスで生産され、多くの賞を受賞した。「What Car?」誌の1989年カー・オブ・ザ・イヤー、「Neue Revue」誌のベスト・シティカー、スペインの1990年カー・オブ・ザ・イヤーなどを受賞した。

フィエスタのスポーティな性格にも磨きがかかった。1990年に高性能なRSターボを導入、1992年には新しい1.8リッター16バルブエンジンで130馬力を発生するフィエスタRS1800iにグレードアップした。

1993

1993年モデルは、事故時の頭部負傷を軽減するためにステアリングホイールに特別なクッションを装備。このほかにも5速マニュアルトランスミッション、RDS自動音量調節付ステレオカセットラジオ、キーコード付盗難予防システム、熱反射ガラスを採用したサンルーフ等を装備した。

1994年には、すべての車両にSRSエアバッグシステムを標準装備すると発表。フォードの安全技術としては大きな取り組みとなった。運転席のSRSエアバッグシステムとともに、オプションとして助手席SRSエアバッグシステムも設定された。側面の衝撃から乗員を保護するためシャシーを強化し、緩められるフロントシートベルトシステム、セーフティステアリングホイール、アンチダイブフロントシート、ガソリン漏出を自動的に遮断する緊急スイッチなども装備された。

フォード『フィエスタ』

1995

1995年後半にフェイスリフトを実施、フィエスタ MK IV を導入して小型車の機種を拡大した。 新型車はゼテックSEマルチバルブ軽合金エンジンを搭載。1.3リッターガソリンエンジンは排気ガスを削減し、エンデュラEと改名。1.8リッターディーゼルエンジンエンデュラDで新たなエンジンラインアップが完成した。

エクステリアは丸みを帯びた。フロントサスペンションには構造を強固にするために補強材を採用。リア部分ではハンドリングを改善するために新しいツイストビーム、アームとトー・コレクティング・ジオメトリーを組み込み、乗り心地を追求した。

インテリアは、人間工学を組み込み、乗員とクルマの安全性はアンチロックブレーキングシステムとトラクションコントロールの組み合わせた。

1999

フランクフルトモーターショーで新モデルを発表。角張ったヘッドライトのついた新しいフロントは同じグループのKa、ピューマ、フォーカスと同様ニューエッジを取り入れたもの。安全設備には、ドライバー、助手席のほかに、SRSサイドエアバッグシステムや4チャンネルアンチロックブレーキシステムを装備した。

新シリーズの中心モデルは1.6リッターゼテックSEエンジンを搭載。フィエスタスポーツは103馬力を発生、195/50タイヤに15インチのアルミホイールが装備された。高剛性ボディとパワフルなブレーキ、さらに最適化されたパワーステアリングと組み合わされた。

2002

この年、フルモデルチェンジがなされ、フィエスタはMK V へと進化。2004年には日本に上陸した。

コンセプトは「Latin Spirit & German Head」。コンパクトカーのアクティブでカジュアルな性格と、欧州フォードならではの実用的かつ高い基本性能を併せ、「フォカース」「モンデオ」譲りのドライビングクオリティを実現した。

2004 フィエスタ試乗記

2005

4月、日本国内でフィエスタSTを発売開始。ホットハッチの名に相応しい、コンパクトなボディと機敏なドライビング・パフォーマンスで受け入れられた。

2006年6月にはSTの新モデルを投入。ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどのデザインを変更した。インテリアは、インストルメントパネルやメータークラスターなどを新たにし、よりスポーティでスタイリッシュに仕上げた。

フォード『フィエスタ』

2008

3月のジュネーブモーターショーで新型が登場。デザインは「キネティックデザイン」に従い、エンジンは、ガソリンが1.25(60PS、80PS)、1.4(91PS)が継続設定、これに新開発の1.6「Ti-VCT」が追加設定。ディーゼルは1.4(68PS)、1.6(90PS)の「TDCi」コモンレール式。トランスミッションは5MT「デュラシフト」、4ATも選べる。

この新型は、オーディオや情報との接続性の高さが特徴のひとつ。MP3プレイヤーを置くのに便利なセンターコンソールのデザイン、AUXオーディオソケット、USBソケットを備える。音声コントロール機能付きブルートゥース接続も対応した。

【ジュネーブモーターショー08】フォード フィエスタ 新型登場

フォード フィエスタ 新型が北米上陸へ

フォード フィエスタ 新型…欧州での販売が絶好調

グロンホルム、パイクスピーク参戦 800psのフィエスタで

【ロサンゼルスモーターショー09】フォード フィエスタ 米国仕様、正式発表へ

フォード フィエスタ 新型、世界累計販売50万台突破

2010

1月、ドイツ・ケルン工場でのフィエスタ MK VI の累計生産台数が、50万台に到達したことを発表した。生産開始から1年5か月での50万台達成とした。

フィエスタは2009年、欧州で52万6000台をセールスし、欧州で2番目に売れた。好調なセールスを受けて、ケルン工場での新型の累計生産台数が50万台に到達。2009年8月の第1号車ラインオフから1年5か月での50万台達成は、同工場の最速記録となった。

記念すべき50万台目は、1.6リットル直4ガソリンエンジン(120ps)を積むフローズンホワイトの3ドアハッチバック車。工場のスタッフに祝福された後、英国の顧客に向けて出荷された。

フォード フィエスタ が欧州ベストセラーに

フォード、ケン・ブロック用にフィエスタのジムカーナ仕様を制作

【パリモーターショー10】フォード、新型WRCマシン公開…フィエスタRS

フォード『フィエスタ』

2014年~現在

1976年の発売以来、世界で1500万台を超える販売実績の積み上げてきたフィエスタ。世界的に競争が激しいBセグメントハッチバックモデルのライバル車種と戦いながら磨きをかけてきた。そして2014年2月1日、新世代のグローバル・デザインと最新のパワートレインによって生まれ変わったフィエスタが、再び日本に導入となった。

パワートレインには「1.0リットル Eco Boost」エンジンに、デュアルクラッチトランスミッション「Power Shift」が組み合わされた。低速時自動ブレーキシステムの「アクティブ・シティストップ」を標準装備する。

1.0リットルで最大トルク170Nmの「1.0リットル EcoBoost」エンジンは、3気筒997ccの小排気量ながら自然吸気の1.6リットル同等以上の性能とし、最高出力は74kW(100PS)/6000rpmとする。燃費性能は、JC08モードで17.7km/リットル。CO2排出量も114グラム/kmと、環境性能も考慮した。この1.0L EcoBoostエンジンは、3年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー受賞するなど世界で高い評価を獲得している。

ドライバーの運転状況をモニターし、エコドライブにつながる情報をフィードバックすることで燃費改善を促す、「EcoMode」を採用。エコドライブの度合いをグリーンの葉のグラフィックで表示する。

エクステリアデザインは、停まっていても走っているように見える躍動感を表現した「キネティック・デザイン」に進化を加えた。特徴的なのは、高めに位置した台形のフロントグリル、切れ長のヘッドライトで印象的なフロントマスクを目指した。キャラクターラインも重要なデザイン要素としている。

インテリアには、スマートフォンなどの電子デバイスから家具まで、分野を問わずプロダクトを研究し、車室内空間の設計に活かした。質感についてもインテリアパネルの仕上げやシートデザイン、素材のクラフトマンシップを追求した。

加えてフィエスタは、初代に1.6リットルエンジンを積むXR2を発売して以来、エントリーから最高峰レベルまで、広くモータースポーツを支えるモデルとなっている。ラリーの枠にとらわれず、エクストリームスポーツの世界でもクルマの限界に挑戦するパフォーマンスをみせている。

2014 フィエスタ試乗記

フォード フィエスタ、本革スポーツシート採用の特別仕様…限定130台 画像
自動車 ニューモデル

フォード フィエスタ、本革スポーツシート採用の特別仕様…限定130台

フォードジャパンは、コンパクトカー『フィエスタ』に特別仕様車「フィエスタ 1.0 エコブースト レザーパッケージ」を設定し、9月12日より発売する。

フォード フィエスタ、欧州最量販スモールカーに…1-6月 画像
自動車 ビジネス

フォード フィエスタ、欧州最量販スモールカーに…1-6月

フォードモーターの欧州向け主力コンパクトカー、『フィエスタ』。同車が2015年上半期(1‐6月)の欧州新車販売実績において、スモールカーのベストセラー車になったことが分かった。

フォード フィエスタ 特別限定車、白ボディに専用内装 画像
自動車 ニューモデル

フォード フィエスタ 特別限定車、白ボディに専用内装

フォード・ジャパン・リミテッドは、コンパクトカー『フィエスタ』に、特別仕様車「1.0エコブースト・スポーツプレミアム」を設定。限定60台で4月23日から販売開始した。

【ジュネーブモーターショー15】フォード フィエスタ R2 新型…「1.0エコブースト」搭載のラリーレーサー 画像
自動車 ニューモデル

【ジュネーブモーターショー15】フォード フィエスタ R2 新型…「1.0エコブースト」搭載のラリーレーサー

米国の自動車最大手、フォードモーターは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、新型フォード『フィエスタR2』を初公開した。

フィエスタ、フォーカス大集合…ヨーロッパ フォード ミーティング 2015開催 画像
モータースポーツ/エンタメ

フィエスタ、フォーカス大集合…ヨーロッパ フォード ミーティング 2015開催

フォードと言えばアメリカを代表する自動車メーカーだが、古くより欧州に生産拠点を有し、アメリカのフォードとは異なる独自のクルマを生産してきた。いわゆる欧州フォードである。現在、欧州フォードと言えば『フォーカス』や『フィエスタ』が代表的な存在だ。

フォード フィエスタ の「1.0エコブースト」、10ベストエンジン2015に選出 画像
自動車 ビジネス

フォード フィエスタ の「1.0エコブースト」、10ベストエンジン2015に選出

米国の『ワーズオートワールド』誌は12月10日、「10ベストエンジン2015」のひとつに、フォード『フィエスタ』の「1.0エコブースト」を選出すると発表した。

フォードのミニカー、雪上でジムカーナ…『スノーカーナ』第3作[動画] 画像
エンターテインメント

フォードのミニカー、雪上でジムカーナ…『スノーカーナ』第3作[動画]

フォードモーターが2012年末、年末年始のホリデーシーズン用に製作したユニーク映像、『SNOWKHANA ONE』(スノーカーナ ワン)。シリーズ最新作、『SNOWKHANA TREEE』が、ネット上で公開され、話題になっている。

二輪王者 バレンティーノ・ロッシ、四輪デモレースでこんな神業[動画] 画像
モータースポーツ/エンタメ

二輪王者 バレンティーノ・ロッシ、四輪デモレースでこんな神業[動画]

世界最高峰の二輪レーサーとして知られるバレンティーノ・ロッシ選手。同選手が、四輪のデモレースで見せた驚異的な走りが話題になっている。

フォード 欧州販売 8.1%増、フィエスタ 好調…10月 画像
自動車 ビジネス

フォード 欧州販売 8.1%増、フィエスタ 好調…10月

米国の自動車大手、フォードモーターの欧州法人、フォードオブヨーロッパは、10月の欧州市場における新車販売の結果を公表した。総販売台数は、9万8100台。前年同月比は8.1%増と、4か月連続で前年実績を上回った。

フォード フィエスタ、価格を値上げ…消費税込みで切りのいい価格に 画像
自動車 ニューモデル

フォード フィエスタ、価格を値上げ…消費税込みで切りのいい価格に

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードのコンパクトカー『フィエスタ』の全国希望小売価格を値上げしたと発表した。

【フォード フィエスタ 試乗】全域で隙のない走り、COTY受賞に匹敵する実力…中村孝仁 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】全域で隙のない走り、COTY受賞に匹敵する実力…中村孝仁

排気量は997cc、つまり1リットルである。かつてこのジャンルはリッターカーと呼ばれた。まさにベーシックカー。しかし、フォード『フィエスタ』にそのような印象は皆無である。

【フォード フィエスタ 試乗】スペシャリティ感覚満載のスタイリング…古庄速人 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】スペシャリティ感覚満載のスタイリング…古庄速人

『フィエスタ』はフォードの世界戦略を支えるグローバルコンパクト。つまりは大衆モデルということになる。しかしデザイン、とくにスタイリングに関して言えば「安かろう、悪かろう」という評価はけっして当てはまらない。

【フォード フィエスタ 試乗】スポーツカー顔負けのハンドリングに「もっとパワーが欲しくなる」…石井昌道 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】スポーツカー顔負けのハンドリングに「もっとパワーが欲しくなる」…石井昌道

その威風堂々とした顔つきからは、とてもBセグメントカーとは思えない『フィエスタ』。高速道路で後方から迫られたら、思わず道を譲ってしまいそうなほどだ。だが、単にエバりが効いているだけではなく、切れ長のシャープな目つきには生命感もあって愛着がわく存在でもある。

【フォード フィエスタ 試乗】嬉しい装備が充実、もっと知名度上がっていい1台!…竹岡圭 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】嬉しい装備が充実、もっと知名度上がっていい1台!…竹岡圭

実はフォード『フィエスタ』は「おぎやはぎ的カー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれたんです! って、いきなり言われても何のこっちゃ? ですよね。

フォード フィエスタ に専用本革シートの特別仕様…限定80台 画像
自動車 ニューモデル

フォード フィエスタ に専用本革シートの特別仕様…限定80台

フォード・ジャパン・リミテッドは、コンパクトカー『フィエスタ』の特別仕様車「フィエスタ1.0エコブースト・レザーパッケージ」を限定80台で10月4日から発売する。

【フォード フィエスタ 試乗】“まずはエンジンありき”、見い出せたバイクとの共通点…二輪ジャーナリスト 和歌山利宏 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】“まずはエンジンありき”、見い出せたバイクとの共通点…二輪ジャーナリスト 和歌山利宏

モーターサイクルジャーナリストの私が『フィエスタ』に試乗して印象的だったことは、クルマにもバイクと同様のトレンドが見出せたことである。

【フォード フィエスタ 1200km試乗】長距離ドライブで光る高速ツアラーとしての資質…井元康一郎 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 1200km試乗】長距離ドライブで光る高速ツアラーとしての資質…井元康一郎

今春、日本市場で再デビューを果たしたヨーロッパフォードのコンパクトモデル『フィエスタ』で1200kmをロングドライブする機会を得た。ルートは東京を出発して紀伊半島へ。

【フォード フィエスタ 試乗】3気筒のネガなし、絶妙ネコ脚…桂伸一 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】3気筒のネガなし、絶妙ネコ脚…桂伸一

欧州ではすでに4年前から販売されていて日本は、現在の“フォード顔”といえる大口にマイナーチェンジしてから初上陸したのが『フィエスタ』だ。

【フォード フィエスタ 試乗】アッパーモデルに負けない迫力…津々見友彦 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】アッパーモデルに負けない迫力…津々見友彦

『フィエスタ』の魅力のひとつはデザインの楽しさだ。フロントの大きく開いたマスク、シャープなヘッドライト。塊感のボディにはグラマラスなフェンダーで、精悍なスタイリング。コンパクトカーながらアッパーモデルに負けない迫力がある。

【フォード フィエスタ 試乗】トータルバランスのとれたイケメン…吉田由美 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】トータルバランスのとれたイケメン…吉田由美

海外ではフォルクスワーゲン『ポロ』やプジョー『208』などと並んで人気が高く、その中でも頭ひとつ抜きんでているフォード『フィエスタ』は、2012年にはBセグメントで世界ナンバーワンの販売台数を誇るという。

【フォード フィエスタ 試乗】時代を越えて、大人になった最新型…吉田匠 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】時代を越えて、大人になった最新型…吉田匠

フォード『フィエスタ』と聞くと懐かしい気分になるのは、その初代モデルに試乗した経験があるからだ。時は1977年、場所はイギリス、某専門誌のスタッフとしてヨーロッパ取材中に、広報車を借りて乗ったのである。

【フォード フィエスタ 試乗】数字を超えるパワーフィールに満点…山崎元裕 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】数字を超えるパワーフィールに満点…山崎元裕

これはかなりのインパクトがある、コンパクト・ハッチバックだ。日本では久々の復活となったフォード『フィエスタ』は、その第一印象から非常に魅力的なモデルと感じられた。

【フォード フィエスタ 試乗】世界の10ベストセラーカーである理由…森口将之 画像
試乗記

【フォード フィエスタ 試乗】世界の10ベストセラーカーである理由…森口将之

フォードの精神的ルーツはやっぱり、20世紀初めに生まれた『T型』にあると思う。T型は決して速いわけでも、高級なわけでもなかったが、大量生産によって実現した低価格、クラッチレスによるイージードライブなど、実用車としては嬉しい特徴を数多く備えていた。

フォード フィエスタ、英国累計販売が411万台…新記録 画像
自動車 ビジネス

フォード フィエスタ、英国累計販売が411万台…新記録

米国の自動車大手、フォードモーターの主力コンパクトカー、『フィエスタ』。同車が英国の自動車販売の歴史において、過去最高の販売台数を記録したことが分かった。

フォード 欧州販売、6.6%増の60万台超え…2014年上半期 画像
自動車 ビジネス

フォード 欧州販売、6.6%増の60万台超え…2014年上半期

米国の自動車大手、フォードモーターの欧州法人、フォードオブヨーロッパは7月9日、2014年上半期(1-6月)の欧州市場における新車販売の結果を公表した。総販売台数は、2011年以降では最多の60万5400台。前年同期比は6.6%増と、欧州市場平均の6.3%を上回る伸び率を示す。

Page 1 of 9
    1 2 3 4 5 > 次 >> 末尾