2013年3月のレスポンス試乗記ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

2013年3月のレスポンス試乗記に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日本自動車工業会(自工会)
【マツダ アテンザ 試乗】ドライバーの感性にスッと入りこむナチュラルハンドリングが良い…津々見友彦 画像
試乗記

【マツダ アテンザ 試乗】ドライバーの感性にスッと入りこむナチュラルハンドリングが良い…津々見友彦

新型『アテンザ』には、セダンとステーションワゴンのボディがあるが、今回2Lのガソリンと2.2Lディーゼルターボを試乗した。

【ボルボ V40 T4 試乗】“これがいい”と思わせられるベースモデル…島崎七生人 画像
試乗記

【ボルボ V40 T4 試乗】“これがいい”と思わせられるベースモデル…島崎七生人

ニー・ロク・キュウ(269万円)の実に意欲的な価格設定が注目の『ボルボV40 T4』。ベースモデルながら「これでいい」ではなく「これがいい」と思わせられるグレード、である。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】バッテリートラブルの解決、不可能ではない…家村浩明 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】バッテリートラブルの解決、不可能ではない…家村浩明

3月27日にニュースが飛び込んできた。『アウトランダーPHEV』に搭載されているバッテリーにトラブルが発生し、生産を一時停止するという内容だ。

【アウディR8 スパイダー4.2FSIクワトロ試乗】 適度なトルクが乗りやすさを生み出す…諸星陽一 画像
試乗記

【アウディR8 スパイダー4.2FSIクワトロ試乗】 適度なトルクが乗りやすさを生み出す…諸星陽一

Sトロニックが搭載され注目を浴びている2013年型のアウディ『R8』。スーパースポーツとなると、どうしても最上級のモデルが気になるし、それを基準として考えるのが当たり前。

【三菱 デリカD:5 ディーゼル 試乗】機能性や走破性に加えトルクや燃費が欲しい人に…松下宏 画像
試乗記

【三菱 デリカD:5 ディーゼル 試乗】機能性や走破性に加えトルクや燃費が欲しい人に…松下宏

『デリカD:5』は2007年1月に発売され、大きめミニバンとして一定の支持を得てきた。一方でユーザーから望まれていたのはディーゼル車である。

【マツダ アテンザ 試乗】褒めるコメントばかりのアテンザ、実際のところどうなのか…岡本幸一郎 画像
試乗記

【マツダ アテンザ 試乗】褒めるコメントばかりのアテンザ、実際のところどうなのか…岡本幸一郎

今のところ評判の非常に良い3代目『アテンザ』は、とてもスタイリッシュだし、たしかに一般的な乗用車に比べるとはるかに次元の高い仕上がりだと思う。大半の人にとっては今購入しても大きく期待を裏切られることはないだろう。

【日産 NV350キャラバン 試乗】ライトバンらしいスペース効率と乗用車感覚の充実装備…松下宏 画像
試乗記

【日産 NV350キャラバン 試乗】ライトバンらしいスペース効率と乗用車感覚の充実装備…松下宏

『キャラバン』は『NV350キャラバン』へのフルモデルチェンジによって大幅な進化を遂げた。これまでのモデルでは室内空間のスペース効率で『ハイエース』に差をつけられ、それが販売台数に直結していたが、今回のモデルはハイエースを一気に追い上げるモデルに仕上げられた。

【スマート フォーツー エレクトリックドライブ 試乗】電気のチカラでスマートらしさを発揮…島崎七生人 画像
試乗記

【スマート フォーツー エレクトリックドライブ 試乗】電気のチカラでスマートらしさを発揮…島崎七生人

マイクロコンパクトカーの『スマート フォーツー』。このクルマにこそEV(電気自動車)は適任だろう……の思いは、試乗してみて、確信に変わった。

【スバル フォレスター 試乗】燃費や悪路走破性が大きく向上…松下宏 画像
試乗記

【スバル フォレスター 試乗】燃費や悪路走破性が大きく向上…松下宏

『フォレスター』がフルモデルチェンジして4代目のモデルが登場した。フォレスターは、元はといえばステーションワゴンに由来する低全高SUVが特徴だったが、今では背の高い一般的なSUVパッケージのクルマに変わってきた。

【マツダ アテンザ 試乗】かっこいいスタイルと質のいい乗り味を両立…斎藤聡 画像
試乗記

【マツダ アテンザ 試乗】かっこいいスタイルと質のいい乗り味を両立…斎藤聡

かっこいいスタイルと質のいい乗り味、その両方をしっかり作り込んでいるという点で、ボクは『アテンザ』を高く評価したいと思う。

【トヨタ クラウン 3.5アスリート 試乗】快音を放つエンジン、体育会系”男気”グレード…青山尚暉 画像
試乗記

【トヨタ クラウン 3.5アスリート 試乗】快音を放つエンジン、体育会系”男気”グレード…青山尚暉

14代目『クラウン』のパワーソースは3リットルV6、3.5リットルHVが消滅し、HVは2.5リットル直4へとダウンサイズされた。そして販売の主力はHVである。

【スズキ スペーシア 試乗】花粉症の人にぜひとも薦めたい!? エコスペシャルなミニミニバン…青山尚暉 画像
試乗記

【スズキ スペーシア 試乗】花粉症の人にぜひとも薦めたい!? エコスペシャルなミニミニバン…青山尚暉

軽自動車カテゴリーでイチバン人気なのがミニミニバンとも呼べる容量系だ。その最新モデルがスズキ『パレット』の2代目、後継車と言える『スペーシア』。

【マツダ アテンザXD 試乗】 悪天候下のロングドライブで実感、アテンザの真価…青山尚暉 画像
試乗記

【マツダ アテンザXD 試乗】 悪天候下のロングドライブで実感、アテンザの真価…青山尚暉

新型『アテンザ』で鹿児島空港を起点に宮崎を経由し、鹿児島・指宿までの往路復路約340kmを走破した。

【マツダ アテンザ 試乗】運転席以外で試乗してみると?…まるも亜希子 画像
試乗記

【マツダ アテンザ 試乗】運転席以外で試乗してみると?…まるも亜希子

沸き立つ大人の色気と走りの良さへの予感が、『アテンザ』の肉感的なボディラインからは直感的に感じとれる。

【トヨタ クラウン アスリートG 試乗】最上級の走りと装備が織りなす世界観…島崎七生人 画像
試乗記

【トヨタ クラウン アスリートG 試乗】最上級の走りと装備が織りなす世界観…島崎七生人

新型『クラウン』で唯一、3.5リットルモデルを用意する「アスリート」。その走りっぷりには、乗った瞬間から魅了される。

【マツダ アテンザ 試乗】国産ワゴンの頂点に立つ完成度の高さ…諸星陽一 画像
試乗記

【マツダ アテンザ 試乗】国産ワゴンの頂点に立つ完成度の高さ…諸星陽一

かつて、日本にはワゴン黄金期があった。1989年に『レガシィ』がツーリングワゴンを発表したのをきっかけに、各社が乗用車ベースのワゴンを開発。それまでライトバンの乗用タイプだったものが、荷物が積めるセダンとしての地位を築くに至った。

【ダイハツ ムーヴカスタム 試乗】存在感あるルックス、日常もカバーするターボ…島崎七生人 画像
試乗記

【ダイハツ ムーヴカスタム 試乗】存在感あるルックス、日常もカバーするターボ…島崎七生人

『ムーヴカスタム』のルックスはなかなか勇ましい。ライバルの現行型『ワゴンRスティングレー』がスマートにも見えるのとは好対照だ。大型メッキグリル等、迫力&存在感重視派には歓迎されるだろう。

【マツダ アテンザ 試乗】スムーズで活きの良い「G」、底からわき出るトルクが味わえる「D」…松下宏 画像
試乗記

【マツダ アテンザ 試乗】スムーズで活きの良い「G」、底からわき出るトルクが味わえる「D」…松下宏

マツダのフラッグシップモデルとして登場した『アテンザ』は、いろいろな特徴や長所と短所を合わせ持つクルマだ。

【日産 シルフィ 試乗】乗り心地やパッケージングはまずまず、燃費性能はもう一歩…松下宏 画像
試乗記

【日産 シルフィ 試乗】乗り心地やパッケージングはまずまず、燃費性能はもう一歩…松下宏

『ブルーバードシルフィ』がフルモデルチェンジで『シルフィ』になった。登場した新型車のことより「ブルーバード」の名前が消えたことの方が大きな話題になったが、これも時代の流れである。

【ダイハツ ムーヴ カスタム 試乗】足回りは格段に向上、スマートアシストが選べる自然吸気がおすすめ…松下宏 画像
試乗記

【ダイハツ ムーヴ カスタム 試乗】足回りは格段に向上、スマートアシストが選べる自然吸気がおすすめ…松下宏

ダイハツの『ムーヴ カスタム』も標準車『ムーヴ』と同様に大幅なマイナーチェンジを受けた。

【スズキ アルトエコ 試乗】リッター33kmは執念の賜物…島崎七生人 画像
試乗記

【スズキ アルトエコ 試乗】リッター33kmは執念の賜物…島崎七生人

リッターあたり33kmの低燃費!まさに執念の数字。その達成の裏には、カタログには書かれていないような、これでもか…の改良の手が入っているのだった。

【ダイハツ ムーヴ 試乗】安くなって進化したスマートアシストは装着すべし…松下宏 画像
試乗記

【ダイハツ ムーヴ 試乗】安くなって進化したスマートアシストは装着すべし…松下宏

『ムーヴ』がフルモデルチェンジに近いくらいの大幅なマイナーチェンジを実施してきた。ダイハツではビッグマイナーチェンジと呼んでいるが、正にそんな感じの大幅変更だ。

【マツダ アテンザ 試乗】爽快感ベストは、ガソリン車の2.5L…竹岡圭 画像
試乗記

【マツダ アテンザ 試乗】爽快感ベストは、ガソリン車の2.5L…竹岡圭

なにがキレイって、この赤がキレイ!『アテンザ』のボディカラーにまず感動しました。アルミの方向までキレイに揃えたからこそ生まれたという、この真珠のような、お化粧品のSK-IIのパッケージのような、質感のある赤はなかなか出せないですよね~。

【マセラティ グラントゥーリズモ 試乗】気持ち良く豪快に吹き上がる官能的なV8エンジン…松下宏 画像
試乗記

【マセラティ グラントゥーリズモ 試乗】気持ち良く豪快に吹き上がる官能的なV8エンジン…松下宏

マセラティ『グラントゥーリズモ』は、ロングノーズのフロントミッドシップにV型8気筒エンジンを搭載する典型的なスポーツクーペで、日本では2007年10月に発売され、2012年11月にスポーツMCシフトを追加した。

【マセラティ クアトロポルテ スポーツGT S 試乗】スポーツモードで狼に変身…松下宏 画像
試乗記

【マセラティ クアトロポルテ スポーツGT S 試乗】スポーツモードで狼に変身…松下宏

マセラティの高級セダンである『クアトロポルテ』は、日本で発売されたのが2004年5月。改良を重ねながら生産が続けられてきたが、2013年のデトロイトショーで次期モデルが発表され、日本でも2013年4月には新型車が発売される予定になった。最終モデルの試乗車に乗った。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3