サウジアラビア、サルマン国王来日にあわせて専用機を運航---希少機種も[写真蔵]

航空 テクノロジー

羽田空港のVIP機専用スポットで出発準備が進む。タラップは国王専用のエスカレーター式。ロシアの輸送機をチャーターして持ち込んだ。
  • 羽田空港のVIP機専用スポットで出発準備が進む。タラップは国王専用のエスカレーター式。ロシアの輸送機をチャーターして持ち込んだ。
  • 日本への到着時は夜間だったが、出発は昼の時間帯となった。
  • サルマン国王の羽田空港到着約40分前というタイミングでの撮影。
  • 羽田空港C滑走路に向けてタキシングするサルマン国王専用機。
  • サウジアラビアの国営企業、サウディア航空が所有するVIP専用機。
  • 今はこのボーイング747-400型を本務機として使用する。
  • 短い距離で離陸していった。
  • 次の訪問地は中国・北京なので搭載燃料は少なめだった模様。
サウジアラビア王国はサルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウード国王の来日にあわせ、専用機を運航した。サウディア航空が所有するVIP用の機体で、元々の生産数が少なく、とても希少な「ボーイング747SP」も含まれていた。

ボーイング747SPは、初期型(-100型)の機体を切り詰めて短縮化し、それによる重量削減によって航続距離を延ばしたモデル。東京~ニューヨーク間の無着陸飛行を目的として開発されたもので、開発当時は用途が特殊だったことから、総生産数は45機に留まる。1989年に後期型(-400型)が登場するまでは最長の航続距離を誇る機体だった。

今回のVIP機運用でも、国王が搭乗する本務機は-400型だったが、予備機としてSPも使用したことから、羽田空港にはこれを目当てとする多くの航空ファンが集った。
《石田真一》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品